森友問題で明らかになった財務省の公文書改竄「官僚の存立基盤崩す」と専門家

森友学園

2018/04/26 07:00

 財務省による公文書の改竄や口裏合わせなどが次々と発覚した森友学園問題。公文書管理の歴史に詳しい瀬畑源さんは、改竄について「官僚というものの存立基盤を崩すこと」だと指摘する。

あわせて読みたい

  • 公文書問題

    公文書問題

    週刊朝日

    6/6

    古賀茂明「霞が関官僚の公文書公開の6原則と本音」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「霞が関官僚の公文書公開の6原則と本音」

    dot.

    4/23

  • 古賀茂明「安倍総理の取巻きと問題を起こした官僚が考えた公文書管理の見直しの愚」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「安倍総理の取巻きと問題を起こした官僚が考えた公文書管理の見直しの愚」

    dot.

    8/6

    「憲政記念館」取り壊し案浮上 尾崎行雄の孫が「待った!」

    「憲政記念館」取り壊し案浮上 尾崎行雄の孫が「待った!」

    週刊朝日

    10/29

  • 自殺した近畿財務局の男性は「改竄するような男でない」 関係者が明かす人柄

    自殺した近畿財務局の男性は「改竄するような男でない」 関係者が明かす人柄

    AERA

    4/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す