昼食はパンの耳、電車に飛び込もうとも… 追い詰められるアラフォー非正社員 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

昼食はパンの耳、電車に飛び込もうとも… 追い詰められるアラフォー非正社員

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#働き方

撮影/今村拓馬

撮影/今村拓馬

いまの職場でキャリアアップ、スキルアップは可能だと思いますか?(AERA 2018年2月26日号より)

いまの職場でキャリアアップ、スキルアップは可能だと思いますか?(AERA 2018年2月26日号より)

 アラフォー世代を中心に、非正社員が悲鳴を上げている。正社員との格差や、生活の不安から精神的に追い詰められてしまう人もいるという。非正社員たちが向き合う現実とは。

【非正社員アンケート いまの職場でキャリアアップは可能?】

*  *  *
出口が見えない。職場から自宅まで電車で1時間、帰りの車内で毎日のように涙があふれた。

「これから、どうしたらいいんだろう」

 当時32歳。週5日フルタイムで百貨店の事務パートとして働いて4年。900円足らずでスタートした時給は年に10円しか上がらず、手取りの給与が10万円を切る月もあった。実家を出たいが、この収入で一人暮らしはできない。昼食は、持参したおにぎりやパン屋でもらったパンの耳で済ませた。

 同世代の友人や親戚はすでに結婚して家庭を持ったり、それなりの働き方をしたりしている。自分は恋人もおらず独身、パートで低収入。実家でも肩身が狭かった。

 仕事自体は楽しかったが、疑問があった。職場で経験を積み、仕事の範囲は広がっていた。事務、販売、レジ、複雑なデータ管理もすべて覚えた。業務内容だけみれば、実は総合職の正社員と同じだ。

 けれども、事務パートは非正規職の中でも最下層の扱いで、給与は最も低く、仕事を評価される機会は乏しかった。職場は女性が多く華やかで、ほかのパートは既婚者女性ばかり。

 残業代がほかのパートにはついているのに自分にはないと知り、訴え出ると、上司との関係がぎくしゃくした。

──自分は一緒に働く仲間として、認められてすらいない。

 女性は精神的に追い詰められ、出社しようとすると吐き気や頭痛が出るようになり、退職した。

 この女性(43)が就職活動をした1997年は、いわゆる就職氷河期(93~2005年)のさなかにあたる。私大国文科という肩書は武器にならず、自分に自信もないまま臨んだ面接は全敗。近くのスーパーなどでレジ打ちとして働くうち、体を壊し、4年近く療養した。就労意欲は高く、その間に公務員試験の勉強をはじめ、体調が改善するとアルバイトなどを再開した。ところが、公務員試験に通っても、面接に通らない。職歴が乏しく、ブランクがあると採用されないと思い知った。早く働かなければ。百貨店の事務パートは、ハローワークでようやく見つけた職だった──。


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい