突然の大暴落の可能性も アベノミクスの下支え「官製相場」も終焉か

2017/11/14 07:00

 兜町はバブルに浮かれ出したのか。日経平均株価はあっさりと「バブル崩壊後高値」を更新し、11月7日には1992年1月9日以来、約25年10カ月ぶりの高値だ。それでも「日本株のPER(株価収益率)は15倍台、89年のバブルピーク時の70倍にはほど遠い。まだまだ割安」と大手証券幹部は一層の株高を煽る。

あわせて読みたい

  • 日経平均爆上げ 「官製相場」は投資チャンス!?

    日経平均爆上げ 「官製相場」は投資チャンス!?

    週刊朝日

    11/3

    市場関係者が警戒、日経平均はつるべ落としの可能性

    市場関係者が警戒、日経平均はつるべ落としの可能性

    AERA

    6/20

  • 日銀のETF買いで日本は「沈没」? 投資家だけが喜ぶ理由

    日銀のETF買いで日本は「沈没」? 投資家だけが喜ぶ理由

    週刊朝日

    9/25

    世界同時株安で底なし GPIF年金運用損で“16兆円”が吹っ飛ぶ

    世界同時株安で底なし GPIF年金運用損で“16兆円”が吹っ飛ぶ

    週刊朝日

    1/28

  • GPIF年金8兆円損失 総活躍どころか「1億総下流」のアベノリスク

    GPIF年金8兆円損失 総活躍どころか「1億総下流」のアベノリスク

    週刊朝日

    12/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す