サンデー、ジャンプ…ノーベル賞受賞の天野教授が「マンガ速読」で培った能力

2017/10/15 16:00

 青色LEDの発明に成功し、2014年に赤崎勇名城大学終身教授、中村修二米カリフォルニア大学教授と共にノーベル賞を受賞した天野浩名古屋大学特別教授。研究熱心で知られ、学生時代、夜になっても明かりが消えない研究室は「不夜城」と揶揄(やゆ)された。1500回以上失敗を重ねてもあきらめなかった、不屈の精神と集中力の源流はどこにあるのか。

あわせて読みたい

  • ノーベル賞効果で「名城大」の志願者が増える?

    ノーベル賞効果で「名城大」の志願者が増える?

    週刊朝日

    10/16

    ノーベル賞受賞者を最も多く生み出した大学・高校は? 歴代受賞者の出身ランキング

    ノーベル賞受賞者を最も多く生み出した大学・高校は? 歴代受賞者の出身ランキング

    dot.

    10/6

  • 【追悼】益川敏英さん「マネーをモーネーと読んでね…」 勉強嫌いだった子ども時代にノーベル賞の原点

    【追悼】益川敏英さん「マネーをモーネーと読んでね…」 勉強嫌いだった子ども時代にノーベル賞の原点

    AERA

    7/30

    ノーベル賞に圧倒的強さを見せる大学は!? 受賞者出身校ランキング!

    ノーベル賞に圧倒的強さを見せる大学は!? 受賞者出身校ランキング!

    dot.

    10/4

  • ノーベル賞・中村修二さん 

    ノーベル賞・中村修二さん "スレイブ中村"と呼ばれた社畜時代

    BOOKSTAND

    10/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す