VRやプロジェクションマッピングで被爆体験を後世へ

2017/08/15 07:00

 あの戦争から今年で72年。体験した人たちが「いなくなってしまうとき」が目の前に迫っている。その危機感に突き動かされているのか。新しいテクノロジーで、戦争を伝えようとする若者たちがいる。

あわせて読みたい

  • リニューアルで撤去される平和記念資料館「原爆再現人形」の賛否 被爆者たちの揺れる思いとは?

    リニューアルで撤去される平和記念資料館「原爆再現人形」の賛否 被爆者たちの揺れる思いとは?

    AERA

    8/6

    被爆から73年 問われる“被爆体験なし”での継承活動

    被爆から73年 問われる“被爆体験なし”での継承活動

    AERA

    11/25

  • 「被爆再現人形」が撤去された理由 広島平和記念資料館がリニューアル

    「被爆再現人形」が撤去された理由 広島平和記念資料館がリニューアル

    AERA

    7/24

    折鶴にいのち吹き込む原爆忌―句と歌からあらためて平和を願う夏

    折鶴にいのち吹き込む原爆忌―句と歌からあらためて平和を願う夏

    tenki.jp

    8/6

  • わずかに残る長崎の“被爆遺構” 今なお原爆の惨禍伝える

    わずかに残る長崎の“被爆遺構” 今なお原爆の惨禍伝える

    週刊朝日

    8/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す