幼い頃に父を亡くした作家・平野啓一郎さん「親の死の意味」

2017/07/06 11:30

 親の看取りは誰しもが経験するもの。しかし、ゆっくりと最期のお別れをすることができなかったと、後悔する人は多い。まだまだ元気だからと、話し合わずにいると、その日は急にやってくる。お墓のこと、相続のこと、延命措置のこと、そろそろ話し合ってみませんか? AERA 2017年7月10日号では「後悔しない親との別れ」を大特集。

あわせて読みたい

  • 遺族を先々まで悩ます 「親の死」という反面教師

    遺族を先々まで悩ます 「親の死」という反面教師

    dot.

    1/28

    空白を満たしなさい

    空白を満たしなさい

    2/14

  • 「天下をとったような気分」作家・平野啓一郎が明かす

    「天下をとったような気分」作家・平野啓一郎が明かす

    週刊朝日

    4/18

    テクノロジーに管理される未来を乗り越えるための「分人主義」という考え方

    テクノロジーに管理される未来を乗り越えるための「分人主義」という考え方

    BOOKSTAND

    7/10

  • 美しい生き方を心がけた母 その最期を看取った40代の娘が学んだこと

    美しい生き方を心がけた母 その最期を看取った40代の娘が学んだこと

    dot.

    2/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す