【ニッポンの課長】チロルチョコ「味を記憶、再現、開発」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ニッポンの課長】チロルチョコ「味を記憶、再現、開発」

このエントリーをはてなブックマークに追加
チロルチョコ味を記憶、再現、開発チロルチョコ 開発部・部長代理 松嶋祐介(40)撮影/門間新弥

チロルチョコ
味を記憶、再現、開発

チロルチョコ 開発部・部長代理 松嶋祐介(40)
撮影/門間新弥

 アエラの連載企画「ニッポンの課長」。

 現場を駆けずりまわって、マネジメントもやる。部下と上司の間に立って、仕事をやりとげる。それが「課長」だ。

 あの企業の課長はどんな現場で、何に取り組んでいるのか。彼らの現場を取材をした。

 今回はチロルチョコの「ニッポンの課長」を紹介する。

【ニッポンの課長フォトギャラリーはこちら】

*  *  *
■チロルチョコ 開発部・部長代理 松嶋祐介(40)

 2月14日に手作りチョコを本命男子にあげた一方で「義理」として買い求めやすいチロルチョコを渡した経験もある。

 現在、チロルチョコ東京本社には約20人が在籍し、平均年齢は30代前半。開発部部長代理の松嶋祐介はプレイングマネジャーとして、研究開発、企画、九州で新規開発に携わる計9人を統括する。生産ラインは福岡にあるため、昨年は東京と九州を50往復ほどした。試作とライン生産では味や粘度が「ぶれる」ことがあるため、新商品の初回生産に毎度立ち会う。

 年間30品ほどの新味を生み出す中、最近は生チョコ仕立てや「いちごがいっぱい」シリーズなどの開発に携わった。2月には「モーツァルトチロル」を発売。オーストリアの伝統的な菓子「マジパン」をチョコ内に注入することに挑戦し、新しく設備の投入を行った。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい