香山リカさん「看過できない」チャンネル桜「受けて立つ」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

香山リカさん「看過できない」チャンネル桜「受けて立つ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村昌二AERA
第1回口頭弁論は、5月11日に開かれる (※写真はイメージ)

第1回口頭弁論は、5月11日に開かれる (※写真はイメージ)

「安倍首相ガンバレ」を叫ぶ子どもたち、教育勅語を朗唱させる幼稚園……。森友学園問題に端を発して「右翼」という人たちが、にわかにクローズアップされている。AERA 2017年5月1-8日号では「右傾化する日本」を大特集。「右翼」って何?「保守」とどう違う? 素朴な疑問に答える。

*  *  *
「これまでの私への誹謗中傷とは異なり、社会的評価を傷つけるものです」

 精神科医の香山リカさんは、怒りを隠せない。

 3月13日、香山さんは日本文化チャンネル桜(以下、チャンネル桜)と、同社のインターネット上のテレビ番組「沖縄の声」のキャスター栗秋琢磨氏ら3人に計500万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。

 訴状などによれば、昨年10月、栗秋氏らは、沖縄県東村高江で機動隊員が「土人」と発言した問題を香山さんがツイッターでつぶやいた件を番組内で取り上げ、香山さんに対し「どうもこの方の勤め先に、監査が入ったんですよ」と香山さんが医師法に違反したと言い、「守秘義務を一部でも漏らしたんじゃないか」などと発言したとしている。

「私が勤務している医療機関への保健所からの監査の事実も、守秘義務を破ったこともありません」(香山さん)


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい