なぜ安倍昭恵夫人の言動は「軽い」のか? 神さまに呼ばれ「自分探し」 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ安倍昭恵夫人の言動は「軽い」のか? 神さまに呼ばれ「自分探し」

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊澤志保AERA#安倍政権#森友学園
ニュースサイトBLOGOSに掲載された社会学者・西田亮介さんとの対談には、こんなくだりがある。「日本の精神性が世界をリードしていかないと『地球が終わる』って、本当に信じているんです」。写真はプレミアムフライデーのイベントに登場した昭恵さん(2月24日、東京都中央区) (c)朝日新聞社

ニュースサイトBLOGOSに掲載された社会学者・西田亮介さんとの対談には、こんなくだりがある。「日本の精神性が世界をリードしていかないと『地球が終わる』って、本当に信じているんです」。写真はプレミアムフライデーのイベントに登場した昭恵さん(2月24日、東京都中央区) (c)朝日新聞社

 これまで日本の要人の妻は表舞台に出るケースはまれだった。だが、欧米では夫婦随伴が基本だ。夫婦で意見が異なることもあり、来日中はそれぞれ興味に沿った日程が組まれることもある。ドイツのシュミット元首相夫妻などは、「夫婦で異なる価値観を持ち、尊敬しあう関係が印象的だった」という。

 昭恵さんのあり方は、従来の日本的な慣習から脱却したという点で画期的だ。だが、ふるまいについては、どうか。

 東京工業大学教授で政治学者の中島岳志さんは言う。

「ファーストレディーは選挙で選ばれたわけではなく、政治的正当性を持ちません。政治的な言動は限定的に行い、節度を保つのは世界の常識です」

「ファーストレディー」のふるまいに、求められるものとは何か。菅直人元首相の妻、伸子さんに話を聞いた。

●あまりに子どもっぽい

 伸子さんが、首相夫人時代に引き受けた講演は数回だけ。依頼は多く舞い込んだが、事務所が彼女の意思を確認し、ふるいにかけていた。

「政治家の周囲には様々な人が集まってきます。中にはとんでもないことを頼む人も、利用しようとする人もいます。もっと気をつけたほうがいいと思いますよ」(伸子さん)

 伸子さんが「理解不能」と断じるのは、昭恵さんがしばしば夫の了承を得ず行動している、と報じられていることだ。

「私が表に出るときは、必ず夫の耳に入れていました。夫に反対されても、思いがあればやることもありますが、何も話さず受けることは考えられない。私の行動でも、必ず政治家である彼に影響がいきますから」

 伸子さんは昭恵さんの行動について、「軽い」と指摘する。冒頭の発言がその証左だ。

「ものごとをあまり考えない。非常に子どもっぽい方のように感じています」

 しかし、昭恵さんの心情には一定の理解も示す。

「自分が行けば、周囲が喜んでくれる。素直に楽しかったんでしょう。私は疑り深いですから、様々な腹づもりの人がいると思って周囲を見ますけれど」


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい