「生命」は望遠鏡で観測できる

2017/03/26 16:00

 2017年2月22日(日本時間23日)、地球から39光年(約370兆キロメートル)離れた場所に、地球とよく似た岩石惑星が発見されたというニュースがNASAから発表された。今後、地球外生命体などの存在などは、確認されるのだろうか。東京工業大学地球生命研究所教授の井田茂氏に、ご意見を伺った。

あわせて読みたい

  • 地球の「きょうだい」に「生命発見」の現場を見に行く方法

    地球の「きょうだい」に「生命発見」の現場を見に行く方法

    AERA

    3/26

    地球外生命体は「常識」 世界最高性能「アルマ望遠鏡」が解き明かす生命の根源

    地球外生命体は「常識」 世界最高性能「アルマ望遠鏡」が解き明かす生命の根源

    AERA

    1/29

  • ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が始動 「宇宙誕生」と「生命の存在する系外惑星」の謎に迫る

    ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が始動 「宇宙誕生」と「生命の存在する系外惑星」の謎に迫る

    AERA

    3/2

    “宇宙人”は30年以内に見つかる!

    “宇宙人”は30年以内に見つかる!

    週刊朝日

    10/23

  • 7月10日に土星が「衝」に!土星の神秘を楽しむなら今が観測のチャンス!

    7月10日に土星が「衝」に!土星の神秘を楽しむなら今が観測のチャンス!

    tenki.jp

    7/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す