「駅」は頼りになるか 首都圏・名古屋・大阪・福岡を走る鉄道27社調査

地震

2017/03/08 11:30

 東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年。熊本地震からも、まもなく1年がたとうとしている。いずれの地でも復興は道半ばで、いまも多くの人々が不自由な暮らしを強いられている。しかしその現実の一方で、「風化」は確実に進んでいる。4大都市圏のハザードマップと不動産の値動きを重ねあわせると、「人気の街」の災害危険度がはっきりとあぶり出された。帰宅困難者対策には「東高西低」の傾向が見て取れた。AERA3月13日号は、6年後のいまだからわかったことも含め、「震災時代」を生きるために知っておくべきことを特集。

あわせて読みたい

  • 首都直下地震 通勤時間帯に発生で一時滞在施設足りず66万人行き場なし

    首都直下地震 通勤時間帯に発生で一時滞在施設足りず66万人行き場なし

    AERA

    9/1

    震度5強の揺れで大都市の脆さ露わに 鉄道延伸と水道管に「弱点」

    震度5強の揺れで大都市の脆さ露わに 鉄道延伸と水道管に「弱点」

    AERA

    10/19

  • 首都直下地震 帰宅困難者が大量発生で群衆なだれの可能性

    首都直下地震 帰宅困難者が大量発生で群衆なだれの可能性

    AERA

    8/31

    現実的になった? 新しい首都直下地震の被害想定

    現実的になった? 新しい首都直下地震の被害想定

    AERA

    12/31

  • 大地震発生! ターミナル駅で取るべき3つのアクション

    大地震発生! ターミナル駅で取るべき3つのアクション

    dot.

    3/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す