保活の選考「優先順位」翻弄される親たち 「引っ越し」がアダになる区も

働く女性

2017/02/27 16:00

 どの子を入園させ、どの子を待機にするのか。その線引きは難しい。毎年のように見直される基準に、親たちは翻弄されるばかりだ。「保活」という名の椅子取りゲームは、一体いつまで続くのか。

あわせて読みたい

  • 「ママ友にうかつに戦略漏らせない」今年も全国の母親が“保活”に悲鳴

    「ママ友にうかつに戦略漏らせない」今年も全国の母親が“保活”に悲鳴

    AERA

    3/1

    混乱する保活 『幼児教育・保育の無償化』の波でさらなる激化か?

    混乱する保活 『幼児教育・保育の無償化』の波でさらなる激化か?

    AERA

    2/21

  • 保活で覆される「常識」 0歳児より1歳児の方が入りやすい?

    保活で覆される「常識」 0歳児より1歳児の方が入りやすい?

    AERA

    12/16

    保活の“悲劇” 20件の見学が無駄に、入園できても仕事続けられず…憤る親たち

    保活の“悲劇” 20件の見学が無駄に、入園できても仕事続けられず…憤る親たち

    AERA

    3/1

  • 2017保活に勝つ 働く親たちが大ブーイングの“行政の変更”に秘策

    2017保活に勝つ 働く親たちが大ブーイングの“行政の変更”に秘策

    dot.

    11/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す