やせて、太って、日が暮れて… つまづいたっていいじゃないか、ダイエット落涙史 (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

やせて、太って、日が暮れて… つまづいたっていいじゃないか、ダイエット落涙史

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅野裕見子AERA#ダイエット
ダイエットを成功させるためには、何が重要なのか(撮影/写真部・堀内憲太郎)

ダイエットを成功させるためには、何が重要なのか(撮影/写真部・堀内憲太郎)

 今日も元気だ、ビールがうまい。だけど気になる腹の肉。「◯◯さんがやせたって」。職場の噂が気にかかる。去年も言った気がするが、正月前に今年も言おう。「来年こそ、やせる!」(きっぱり)。「あなたの肥満はアレルギー?」「満腹中枢を手なずけろ!」「ブル中野さんが60キロやせたワケ」――本気でやせるコツを、AERAが真面目に大特集。

 さまざまなダイエットを試したけど、結局挫折した……そんな人も少なくないだろう。ダイエットを成功に導くためには、いったい何が必要なのか。アンケート調査によってみえてきたダイエットに成功するためのポイントを紹介する。

*  *  *
 今回、「アエラネット」などで投げかけたダイエットに関するアンケートに、詳しく答えてくれたのは74人。うち69人が「ダイエットをしたことがある」と答えた。

 そのなかで「ダイエットに成功したことがある」のは62人。9割弱の人が、何かしらの成果は上げている。一方、失敗経験がある人も6割強。失敗を糧にして、成功にたどりついていく人の姿が見えてくる。

 学生時代、サッカーをしていたという男性(56歳)は30代半ばから20年ほどで20キロ以上体重が増えた。医師からメタボリックシンドロームを指摘され改善指導も受けたが、なかなか効果が見られないまま、ついに体重は85キロに。

「昔はどんぶり飯を何杯もおかわりするような食事をしていても、練習がハードで太らなかったんです。社会人になって運動量が激減したのに、食生活を変えられなくて」

●部活をやめたあとに…

 この「昔スポーツをやっていて、社会人になって太った」というのが、ダイエットに取り組む人たちの典型的な一群だ。
 静岡県在住の男性(35歳)は、陸上やテニスに打ち込んだ学生時代は175センチ、65キロ。だが卒業後、教諭の仕事が忙しく、不規則な生活のためか30歳を前に6キロ増。「ヤバいと思いました」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい