ソフトバンク、リクルート…東電が「提携」急ぐ理由

2015/07/06 16:00

 2016年4月、日本の電力市場では、家庭向け(低圧)でも自由化の号砲が鳴る。工場やビルなどの特別高圧、スーパーなどの高圧分野に続く市場開放だ。これまで電力市場は、大手電力が実質的に地域独占してきたが、家庭向けの自由化を機に、大手も域外に打って出る可能性がある。一方、新電力の届け出事業者数は700社に迫る。高い“城壁”が消え、広大な“草刈り場”が出現することになるのだ。

あわせて読みたい

  • 電力自由化で500社殺到 楽天、ソフトバンクも?

    電力自由化で500社殺到 楽天、ソフトバンクも?

    AERA

    1/27

    電力会社変更で年間3万円節約! 知らないと損「電力自由化の基礎知識」

    電力会社変更で年間3万円節約! 知らないと損「電力自由化の基礎知識」

    AERA

    11/9

  • 電力自由化、どう選べばいい?「大手で最も本気なのは◯◯」と大学教授

    電力自由化、どう選べばいい?「大手で最も本気なのは◯◯」と大学教授

    AERA

    2/17

    新電力に乗り換えで年1万円お得になる場合も プロ厳選「万人向けプラン」で見直しを

    新電力に乗り換えで年1万円お得になる場合も プロ厳選「万人向けプラン」で見直しを

    AERA

    11/30

  • 5月値上がりで「電力」のサービス合戦激化 選ぶポイントは付加価値?

    5月値上がりで「電力」のサービス合戦激化 選ぶポイントは付加価値?

    週刊朝日

    4/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す