東京の「東側」にアジア系が多い理由 進む多国籍化

2014/11/27 11:30

 昔はアジアの食事が恋しくなると格安チケットを買って飛行機に飛び乗った。最近は山手線や地下鉄に乗るだけでいい。「本場の味」に東京で簡単に出合えると感じ始めたのが、この10年ぐらいだろうか。取材の日も、最初に江戸川区の西葛西駅近くのインド料理店でランチにキーマとマトンの本格カレーにナンをつけて1200円。東西線で西葛西から一本の高田馬場に行き、駅前のミャンマー料理店で名物のヌードル「モヒンガー」を700円で食べた。

あわせて読みたい

  • あなたの知らない日本の外国 高田馬場「リトル・ヤンゴン」

    あなたの知らない日本の外国 高田馬場「リトル・ヤンゴン」

    dot.

    3/10

    高輪ゲートウェイ駅 “山手線最後の新駅”とされる理由

    高輪ゲートウェイ駅 “山手線最後の新駅”とされる理由

    dot.

    7/21

  • 都電が消えた「高田馬場」と残った「早稲田」 東西線が走り始めた54年前の光景は?
    筆者の顔写真

    諸河久

    都電が消えた「高田馬場」と残った「早稲田」 東西線が走り始めた54年前の光景は?

    dot.

    11/24

    祖国の急速な民主化を外から見る、在日ミャンマー人の意外な反応

    祖国の急速な民主化を外から見る、在日ミャンマー人の意外な反応

    週刊朝日

    6/28

  • 迫害逃れて日本へ… 高田馬場「リトル・ミャンマー」が作り出す本場の味

    迫害逃れて日本へ… 高田馬場「リトル・ミャンマー」が作り出す本場の味

    AERA

    8/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す