下手に動けば「金融庁も返り血」? みずほ崩れたシナリオ

2013/10/16 07:00

 みずほ銀行が、反社会勢力との取引を理由に行政処分を受けた。しかし事件の焦点は、今ではみずほがとった金融庁への対応へと移っている。金融庁の検査に対し、「取引の情報は担当役員度止まりだった」と嘘をついていたことが発覚。みずほはどんなシナリオを描いて虚偽の報告をしたのか。

あわせて読みたい

  • 暴力団融資のみずほ銀行 内情はまるで「半沢直樹」?

    暴力団融資のみずほ銀行 内情はまるで「半沢直樹」?

    AERA

    10/10

    「半沢直樹」を地で行くような騒動 みずほの懲りない体質

    「半沢直樹」を地で行くような騒動 みずほの懲りない体質

    週刊朝日

    10/9

  • 「東大卒は潜在能力高い」で昇進に愕然…学閥・派閥を間近に見た作家

    「東大卒は潜在能力高い」で昇進に愕然…学閥・派閥を間近に見た作家

    AERA

    3/26

    元検察官が指摘 みずほ報告書に「隠蔽うかがわせる表現」

    元検察官が指摘 みずほ報告書に「隠蔽うかがわせる表現」

    AERA

    11/8

  • みずほ銀行システム障害はコスト削減・顧客軽視のツケ

    みずほ銀行システム障害はコスト削減・顧客軽視のツケ

    週刊朝日

    3/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す