「恐れ多くてビールかけられなかった」星野仙一の変化 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「恐れ多くてビールかけられなかった」星野仙一の変化

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#楽天
リーグ初優勝を果たし、胴上げで宙に舞う楽天・星野監督 (c)朝日新聞社 

リーグ初優勝を果たし、胴上げで宙に舞う楽天・星野監督 (c)朝日新聞社 

 球団創設9年目にして初のリーグ優勝を勝ち取った東北楽天イーグルス。星野仙一監督(66)はこれまで中日、阪神、そして楽天と3つの球団を率いてきたが3球団での優勝監督は、過去2人(三原脩、西本幸雄)しかいない偉業だ。中日、阪神もそうだが、下位に低迷していたチームを引き継ぎ、優勝させた。22連勝を達成した田中将大投手(24)の存在はもちろん大きい。だが、星野監督の「再建請負人」としての手腕がなければ、この快挙は難しかっただろう。

 もっとも、今回は過去2球団とは少し違い、新生・星野仙一でチーム作りをした結果だと関係者はみる。中日、阪神時代は、鉄拳制裁も辞さない熱血指導でチームに意識改革を迫り、「闘将」と呼ばれた。だが、昨年まで楽天で現役だったスポーツコメンテーター山村宏樹さん(37)は、接してみて印象が変わった。

「ミーティングでは厳しかったし、やるべきことをやらなければ怒りますが、鉄拳制裁のようなことはなく、試合以外の場面ではむしろ優しいんじゃないかと思うくらいでした」



トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい