「鳥獣戯画」特別展の再開が待ち遠しい 知っておきたいその魅力

2021/05/22 10:00

「鳥獣戯画」は、猿や蛙、兎など擬人化された動物たちや人々が、愉快に躍動している絵巻だ。4月13日から東京・上野の東京国立博物館で開催されていた特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」では史上初めて、甲・乙・丙・丁全4巻の全場面を一挙公開。緊急事態宣言を受けて現在は休館中だが、原本ではすでに失われた場面をとどめる模本や、切れぎれになった断簡など、鳥獣戯画のすべてが集結することが話題になっていた。

あわせて読みたい

  • 国宝一挙公開! 特別展「鳥獣戯画のすべて」 “動く歩道”で観る動物たちの絵巻物の世界

    国宝一挙公開! 特別展「鳥獣戯画のすべて」 “動く歩道”で観る動物たちの絵巻物の世界

    AERA

    6/6

    「鳥獣戯画」はグッズで楽しめ! 特別展が開催中

    「鳥獣戯画」はグッズで楽しめ! 特別展が開催中

    週刊朝日

    5/17

  • 1月号京都精華大学国際マンガ研究センター教授 吉村和真 Yoshimura Kazuma漫画の歴史をより豊かにする方法

    1月号京都精華大学国際マンガ研究センター教授 吉村和真 Yoshimura Kazuma漫画の歴史をより豊かにする方法

    1/1

    京都の知られざる川床で 涼やかに残暑のご挨拶を
    筆者の顔写真

    ナカムラユキ

    京都の知られざる川床で 涼やかに残暑のご挨拶を

    dot.

    8/7

  • 2月9日は「漫画の日」。日本の漫画の歴史は平安時代から始まっていました。

    2月9日は「漫画の日」。日本の漫画の歴史は平安時代から始まっていました。

    tenki.jp

    2/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す