テレビ局ヘアメイクが愛用の“白髪隠し”とは? 素人でも使える逸品 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テレビ局ヘアメイクが愛用の“白髪隠し”とは? 素人でも使える逸品

連載「楽屋の流行りモノ」

山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子・放送作家、コラムニスト

山田美保子・放送作家、コラムニスト

白髪を自然にカバーする髪用ファンデーション「SMHヘアファンデーション」。パフと微細パウダーが一体化し、肌にファンデーションを塗る感覚で、髪の根元や生え際、分け目の白髪を隠してくれる。髪色に合わせて、ブラック、ダークブラウン、ライトブラウンの3色から選べる。ルアン株式会社の公式ホームページほか、銀座ショールーム(東京都中央区銀座8-10-2 ルアンビル、営業時間10:00~19:00)などで購入できる。電話注文でも購入可。

白髪を自然にカバーする髪用ファンデーション「SMHヘアファンデーション」。パフと微細パウダーが一体化し、肌にファンデーションを塗る感覚で、髪の根元や生え際、分け目の白髪を隠してくれる。髪色に合わせて、ブラック、ダークブラウン、ライトブラウンの3色から選べる。ルアン株式会社の公式ホームページほか、銀座ショールーム(東京都中央区銀座8-10-2 ルアンビル、営業時間10:00~19:00)などで購入できる。電話注文でも購入可。

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、白髪を自然にカバーする髪用ファンデーション「SMHヘアファンデーション」(ルアン)を取り上げる。

【写真】局メイクのイチ推し!白髪隠しファンデ

*  *  *
 4月18日にスタートした新番組『週刊さんまとマツコ』(TBS系)は、明石家さんまさんとマツコ・デラックスさん、それぞれの楽屋トークから始まった。

 個人的にビックリしたのは、マツコさんがセルフメイクだったこと。ツヤのある髪をクリップで束ね、マツコさんが「なかなか美容院に行けない」とボヤきながらも慣れた手つきで始めたのは、マスカラタイプのヘアマニキュアによる白髪隠し。

 月イチ程度でカラーリングをしても、2週間ほど経つと、顔まわりに出てくる白髪。それを隠すのはメイク室での常識だ。ちなみに、2018年の『ユーキャン新語・流行語大賞』にノミネートはされたものの、芸能界ではサッパリ流行っていないグレーヘア(苦笑)。仕掛け人の近藤サトさんのように、染めずにいたら、あそこまで白髪になる人は別として、局メイクさんは、前述のマスカラタイプ、クリームファンデーションタイプ、ふりかけタイプなどを用意。これらを使って完璧に白髪を隠してくれる。

 先日、某局のメイクさんが「これがいちばん使いやすい」と教えてくれたのが『ルアン』というメーカーの「SMHヘアファンデーション」である。パフとパウダーが一体化しているので“素人”でも簡単に使えるし、どの角度からでも均一にパウダーが出てくるのも助かる。仕上がりをその都度チェックしながらポンポンと気になるところにタッチ。白髪や生え際に、こするように付着させていくのがポイントだとメイクさんから教えてもらった。

 しかも、3種類の美容成分+ミネラル、9種類の天然由来成分配合。かつて肌用として流行ったミネラルファンデーションの白髪版と言えよう。

 パウダーが微細なのでベタつき感はナシ。これは、白髪のみならず、年齢を重ねると広くなってくる分け目=地肌に塗ってボリューム感を出す際にも助かる特徴だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい