土屋太鳳 父は苦労人、母は妖精…家族5人で朝までじっくり話したこと (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

土屋太鳳 父は苦労人、母は妖精…家族5人で朝までじっくり話したこと

菊地陽子週刊朝日
土屋太鳳 [撮影/掛祥葉子(写真部)、ヘアメイク/尾曲いずみ、スタイリスト/藤本大輔(tas)、衣装協力/tiit tokyo(THE PR)、e.m.(e.m.表参道店)]

土屋太鳳 [撮影/掛祥葉子(写真部)、ヘアメイク/尾曲いずみ、スタイリスト/藤本大輔(tas)、衣装協力/tiit tokyo(THE PR)、e.m.(e.m.表参道店)]

映画「哀愁しんでれら」は、2月5日から新宿バルト9ほか全国公開 (c)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

映画「哀愁しんでれら」は、2月5日から新宿バルト9ほか全国公開 (c)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

 それまで見たことのない“狂気”──。女の子なら誰もが夢見るおとぎ話のような幸福。「めでたしめでたし」の先にあるストーリーを描いた“裏”おとぎ話映画。女優の土屋太鳳さんは、映画「哀愁しんでれら」(2月5日より全国公開)で新境地を切り開いた。

【前編/土屋太鳳、主演3度断る 俳優の仕事で特に大事だと思うことは?】より続く

【映画「哀愁しんでれら」に出演する土屋太鳳さんの写真はこちら】

 昨年の自粛期間中、土屋家では、家族で過ごす時間がぐんと増えたらしい。

「去年の4月には、家族5人でお酒を飲みながら、朝までじっくり話したこともあります。両親の昔の話を聞いたり、それぞれの仕事の話をしたり。あの時間がなかったら聞けなかったような、面白いエピソードがたくさん出てきました。話をしていたのは主に両親で、私は飲み物とおつまみの担当(笑)。姉がすぐ眠っちゃうのでそれを起こしたり、弟がすぐ甘えて『マッサージして』って言うので、凝っているところを揉んでみたり。私? 私は、人の話を聞いているときは絶対に眠くならないです。誰かといるだけで、退屈しないんです」

「相手の話をよく聞く」ことは、両親の躾でもあるという。人生経験の豊かさゆえか、自分の考えていることは、いいことも悪いことも大概、見透かされてしまうのだとか。

「父は、長所も短所も私と似ていて、それがより極端に表れるタイプですね。16歳ぐらいのときに一人で上京して、いろんな苦労を経験しているせいか、家族に対しては厳しさもあります。でも、昔に比べたら穏やかになって良かった。母は、私たち家族を見守る妖精のような可愛くて優しい存在です。両親とは仲はいいですけど、友達感覚ではないですね。友達ほど秘密ごとは話せない(笑)。でも、両親のことはすごく好きですよ。家族のことは大切にしています。家族との平穏な時間が、私の一番の幸せです」

 毎日のルーティーンとしては、「走ること」と「水をたくさん飲むこと」の二つを必ず実践している。

「運動は、いろいろ試したんです。インナーだけ鍛えるとか、筋トレして走って、というのを3セットするとか……。でも、去年の『24時間テレビ』で“募金ラン”に参加したときに、『あ、ただ走っているだけでもいいんだな』と学んだんです。今までは、心拍数を上げることでカロリーを消費してきたけど、そうじゃなくて、苦しくない、『永遠に走れるな~』ぐらいの匙加減で走ると、勝手に身体がスッキリするってことを」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい