「危機管理に強い」というメッキがはがれた菅首相の迷走  置き去りにされた「無症状感染者対策」

2020/12/01 08:02

 本格的な冬が到来し、日本列島がコロナ「第3波」に見舞われている。急増する重症者に医療は逼迫。だが、政治家たちのメッセージは「経済が大事」「感染対策が大事」と、ブレブレで、国民は戸惑うばかり。日本はどんな道を歩むべきなのか。

あわせて読みたい

  • 国民へ「お願い」ではダメ 「帰省前の外出自粛と陰性確認を」呼吸器内科・倉持仁医師

    国民へ「お願い」ではダメ 「帰省前の外出自粛と陰性確認を」呼吸器内科・倉持仁医師

    週刊朝日

    12/5

    コロナ第3波「40~50代の感染拡大」が招く恐怖のシナリオ 死亡・重症化防ぐ「ステロイド治療」とは

    コロナ第3波「40~50代の感染拡大」が招く恐怖のシナリオ 死亡・重症化防ぐ「ステロイド治療」とは

    AERA

    11/27

  • 日本人には“訓練免疫”ができている?「第3波は必ず収束する」と免疫学の専門家

    日本人には“訓練免疫”ができている?「第3波は必ず収束する」と免疫学の専門家

    週刊朝日

    12/7

    第4波に勝つワクチンの実力 専門家「東京五輪、日本だけの開催なら…」

    第4波に勝つワクチンの実力 専門家「東京五輪、日本だけの開催なら…」

    週刊朝日

    1/6

  • 小池知事と菅首相は「不作為の罪」上限なき政府補償で国民守れ 藤井聡・京大院教授

    小池知事と菅首相は「不作為の罪」上限なき政府補償で国民守れ 藤井聡・京大院教授

    週刊朝日

    12/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す