ジム・ロジャーズ「東京五輪は開催すべき。進もうとすることが大切」

2020年、お金と世界はこう動く

ジム・ロジャーズ

2020/08/28 08:00

 もう一つ、歴史から学ばなければならないことがある。

 東西冷戦で五輪が縮小された80年代とは違い、今回は、世界規模で新しい疫病が流行している。だが、人類は歴史を通じて何度も恐ろしい疫病を経験してきた。

 ところが、今回は世界の歴史で初めてのことが起きた。疫病が、経済をストップさせたのだ。世界中のマクドナルドで閉店や業務縮小が相次いだ。2009年にはメキシコと米国から豚インフルエンザ(H1N1)が流行したが、経済はストップしなかった。1918年にスペイン風邪がはやったときもそうだ。

 コロナは恐ろしいウイルスで、特に高齢者は感染すると重症化するリスクが高い。ただ、未知のウイルスとの遭遇はかつて経験したことのある出来事だ。

 スウェーデンは国を閉じなかった。結果的に、スウェーデンが他の国に比べて突出して悪い影響が出ているというわけではない。

 こんな意見は、今は誰も理解してくれないかもしれない。それでもあと3、4年すれば、実際に誰が正しい判断をしていたかわかるはずだ。

 日本は、これまでも大きな自然災害に襲われている。11年には巨大な津波が襲った。それでも、日本は前に進んできた。今回も同じだ。東京五輪は開催すべきである。

ジム・ロジャーズ/1942年、米国アラバマ州出身の世界的投資家。ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される。2007年に「アジアの世紀」の到来を予測して家族でシンガポールに移住。現在も投資活動および啓蒙活動をおこなう

(取材/朝日新聞シンガポール支局長・西村宏治 構成/本誌・西岡千史 監修/小里博栄)

週刊朝日  2020年9月4日号

ジム・ロジャーズ

ジム・ロジャーズ

ジム・ロジャーズ/1942年、米国アラバマ州出身の世界的投資家。ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される。2007年に「アジアの世紀」の到来を予測して家族でシンガポールに移住。現在も投資活動および啓蒙活動をおこなう

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 蓮舫議員と離婚の夫が27年の夫婦関係を告白 離婚は「ショックだった。でも…」

    蓮舫議員と離婚の夫が27年の夫婦関係を告白 離婚は「ショックだった。でも…」

    dot.

    8/26

    半沢直樹で“JAL再建”モデルに “敵役”前原誠司氏「『倍返し』できたのでは」

    半沢直樹で“JAL再建”モデルに “敵役”前原誠司氏「『倍返し』できたのでは」

    週刊朝日

    8/26

  • 「免疫力」アップの食べ物は「キャベツ」 医師がすすめる理由とは?

    「免疫力」アップの食べ物は「キャベツ」 医師がすすめる理由とは?

    週刊朝日

    8/27

    ジム・ロジャーズがコロナ後にガラリと変わる世界を斬る!新刊「ジム・ロジャーズ お金の新常識 コロナ恐慌を生き抜く」が9月18日発売

    ジム・ロジャーズがコロナ後にガラリと変わる世界を斬る!新刊「ジム・ロジャーズ お金の新常識 コロナ恐慌を生き抜く」が9月18日発売

    9/18

  • ジム・ロジャーズ インドに投資しないのは「『本物の国家』にはなれない」から?
    筆者の顔写真

    ジム・ロジャーズ

    ジム・ロジャーズ インドに投資しないのは「『本物の国家』にはなれない」から?

    週刊朝日

    9/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す