広島・堂林翔太が打率4割近くと打ちまくり、鯉のプリンス覚醒、いつまで続く

2020/07/29 09:00

 一過性の勢いではない。広島の堂林翔太が今季27試合に出場し、リーグトップの打率3割8分9厘、6本塁打、19打点と開幕から打ちまくっている。近年は伸び悩み、昨季は自己最少の28試合出場。シーズン前は1軍当落線上の立場だったが、今や「不動の3番」に。広島ファンからは「今度こそ堂林を信じていいの?」と驚きの声が上がるほどだ。プロ11年目の「覚醒」は本物だろうか。

あわせて読みたい

  • 広島・堂林翔太、昨年の“復活”から一転不調に…今後の復調はあるのか

    広島・堂林翔太、昨年の“復活”から一転不調に…今後の復調はあるのか

    dot.

    6/7

    嬉しい誤算…今季、予想外に「大きな戦力」となっている選手は?

    嬉しい誤算…今季、予想外に「大きな戦力」となっている選手は?

    dot.

    8/26

  • 将来の4番と期待したのに… 儚い夢を見せてくれた「不発の大砲」たち

    将来の4番と期待したのに… 儚い夢を見せてくれた「不発の大砲」たち

    dot.

    12/13

    堂林だけじゃない! 「もうダメかも…」から見事な復活を遂げた男たち

    堂林だけじゃない! 「もうダメかも…」から見事な復活を遂げた男たち

    dot.

    8/21

  • 第2の鈴木誠也は誰だ? 来季のブレイク候補はこの選手<セ・リーグ編>

    第2の鈴木誠也は誰だ? 来季のブレイク候補はこの選手<セ・リーグ編>

    dot.

    12/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す