藤井聡太フィーバー再来?王位戦も挑戦権 「羽生マジックの雰囲気に近い」と先輩棋士 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤井聡太フィーバー再来?王位戦も挑戦権 「羽生マジックの雰囲気に近い」と先輩棋士

このエントリーをはてなブックマークに追加
村瀬信也週刊朝日
棋聖戦第1局で渡辺明棋聖に勝利した藤井聡太七段

棋聖戦第1局で渡辺明棋聖に勝利した藤井聡太七段

棋聖戦第1局で初手を指す藤井聡太七段=2020年6月8日、東京都渋谷区、代表撮影・日本将棋連盟

棋聖戦第1局で初手を指す藤井聡太七段=2020年6月8日、東京都渋谷区、代表撮影・日本将棋連盟

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)の快進撃に熱い視線が注がれている。23日、第61期王位戦挑戦者決定戦で永瀬拓矢二冠(27)に勝ち、棋聖戦と王位戦の二つのタイトル戦を同時に戦うことになった。棋聖戦ではすでに8日、タイトル初獲得に向けて大きな1勝を挙げている。「公式戦29連勝」という前人未到の快記録から3年。全国に将棋ブームを巻き起こした「藤井フィーバー」の再来なるか──。

【写真】かわいい幼少時代や自宅のソファでくつろぐ藤井聡太の貴重なショットはこちら

*  *  *
 東京都渋谷区の将棋会館。多くの将棋ファンが注目する第91期棋聖戦五番勝負第1局は、8日午前9時に幕を開けた。

 挑戦者の藤井は、これが初めてのタイトル戦。相手の渡辺明棋聖(36)は棋王、王将のタイトルを併せ持ち、ここ数年、黄金期を迎えていると言っても過言ではない名棋士だ。

 藤井が選んだ作戦は、互いにがっちり王将を固める矢倉だった。渡辺は長年得意としているが、藤井が採用するのは珍しい。勝負度胸と共に、練りに練ってこの大舞台に臨んだことがうかがえた。

 ギリギリの攻防の末に最終盤に突入し、勝敗は藤井の王が詰むかどうかに委ねられることになった。渡辺は16手連続で王手をかけて迫ったが、わずかに届かない。午後7時44分、157手の大熱戦を制したのは藤井だった。

「まず1勝できて良かった。また準備を整えて、次の対局に臨みたい」

 対局後、藤井はそう語った。最後まで気が抜けない戦いになったにもかかわらず、口調はいつも通り落ち着いていた。

 藤井が「29連勝」の偉業達成で世間の話題をさらったのは2017年のことだ。デビューから無敗のまま続いた連勝劇は、それまであまり将棋になじみがなかった人たちにも大きな衝撃を与えた。

「いつタイトル挑戦を果たしても、おかしくない」

 そんな声が上がるのも自然なことだった。

 だが、現実は甘くない。将棋界には名人、竜王などのタイトルが八つあるが、トップ棋士がそろうリーグで優勝したり、トーナメントを勝ち抜いたりしなければ、挑戦者にはなれない。藤井は、各予選で勝ち上がるものの、豊島将之名人・竜王(30)を始めとするトップ棋士の壁にはね返されることが続いた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい