新人弁護士が辿り着いた“法の落とし穴”とは? ドイツ国家を揺るがした小説の完全映画化 

2020/06/23 17:00

 デビュー作『犯罪』が日本でも本屋大賞や数々の推奨ミステリー本に選ばれた、フェルディナント・フォン・シーラッハの初の長編小説を映画化した「コリーニ事件」。この本がきっかけで、ドイツでは「過去再検討委員会」が発足したという。

あわせて読みたい

  • アカデミー賞受賞『1917 命をかけた伝令』に評論家「戦争映画が苦手な方も観るべき」 ワンカット撮影の衝撃

    アカデミー賞受賞『1917 命をかけた伝令』に評論家「戦争映画が苦手な方も観るべき」 ワンカット撮影の衝撃

    週刊朝日

    2/15

    「好きとしか言えないね」とLiLiCo 映画評論家全員が満点のヒューマンドラマとは

    「好きとしか言えないね」とLiLiCo 映画評論家全員が満点のヒューマンドラマとは

    週刊朝日

    6/29

  • 知らないのは男だけ! ペネロペ夫妻好演の「誰もがそれを知っている」

    知らないのは男だけ! ペネロペ夫妻好演の「誰もがそれを知っている」

    週刊朝日

    6/9

    ヒーローから一転…イーストウッドが衝撃の実話を映画化

    ヒーローから一転…イーストウッドが衝撃の実話を映画化

    週刊朝日

    1/25

  • 監視国家から気球で脱出できるのか 東西冷戦下に自由を求めた実話をスリリングに描く

    監視国家から気球で脱出できるのか 東西冷戦下に自由を求めた実話をスリリングに描く

    週刊朝日

    7/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す