元外交官が嘆く、英語教育改革の愚 センター試験の「読み」重点は正しい NHKラジオ英語講座で磨ける能力とは

2019/12/20 11:38

 萩生田光一文部科学相の「身の丈」発言から延期が決まった、大学入学共通テストでの英語民間試験。「読む・聞く」の2技能を測るセンター試験の英語を、民間の試験を活用し、「話す・書く」を含めた4技能を測るように変えようとしていたものだ。今回の延期について、外交官として様々な国の大使や公使を務めた多賀敏行さん(69)は、「延期に留めるのではなく、廃止した方が良いと思う」と指摘する。自身の経験を踏まえ、英語の学び方について語った。

あわせて読みたい

  • 小学生からやっても意味ナシ? 第一人者が日本の英語教育にNO!

    小学生からやっても意味ナシ? 第一人者が日本の英語教育にNO!

    週刊朝日

    9/17

    現役高校教員が訴える 民間試験導入延期で、英語教育はどう変わるか

    現役高校教員が訴える 民間試験導入延期で、英語教育はどう変わるか

    dot.

    5/7

  • 内田樹「文科省が推進する英語教育観は自動翻訳の急速な発展を考慮していない」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「文科省が推進する英語教育観は自動翻訳の急速な発展を考慮していない」

    AERA

    11/13

    【7/20(土)開催】「子どもの英語教育にどう向き合うか ~小学3年生からの英語必修化で変わる未来~」(東京)

    【7/20(土)開催】「子どもの英語教育にどう向き合うか ~小学3年生からの英語必修化で変わる未来~」(東京)

    6/21

  • 文科省から「無茶な発言やめて」と釘を刺され……英語民間試験、委員唯一の反対派 大津由紀雄さん

    文科省から「無茶な発言やめて」と釘を刺され……英語民間試験、委員唯一の反対派 大津由紀雄さん

    dot.

    5/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す