「シャイニング」の40年後を描く続編「ドクター・スリープ」の評価は? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「シャイニング」の40年後を描く続編「ドクター・スリープ」の評価は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
監督 マイク・フラナガン/29日から丸の内ピカデリーほか全国公開/152分 (c)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

監督 マイク・フラナガン/29日から丸の内ピカデリーほか全国公開/152分 (c)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

監督 マイク・フラナガン/29日から丸の内ピカデリーほか全国公開/152分 (c)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

監督 マイク・フラナガン/29日から丸の内ピカデリーほか全国公開/152分 (c)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

 スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリック監督が映画化した前作から40年後を描く「ドクター・スリープ」。監督はホラー映画を多く手掛けてきたフラナガン。カルト集団を率いる女にレベッカ・ファーガソンが出演する。惨劇を生き延びた少年が、再びあのホテルに戻ることになる。

【映画の場面写真をもっと見る】

* * *
 40年前の恐ろしい経験がいまだに癒やされぬまま、ダニー(ユアン・マクレガー)は、心に傷を抱えた大人になっていた。父親に殺されかけたトラウマ、終わらない幼い日の悪夢。酒に溺れながらも、なんとか平穏に過ごす孤独な日々。そんな彼のまわりで次々と起こる児童連続失踪事件。

 ある日、彼のもとに謎の少女アブラ(カイリー・カラン)からメッセージが送られてくる。彼女は「特別な力(シャイニング)」を持っており、児童失踪事件の現場を目撃していたのだ。ダニーにもその特別な力があると気づいたアブラは、二人で事件の謎を追っていく。そして二人は、ダニーにとって運命の場所である、あの呪われたホテルへとたどり着くのだが……。

本作に対する映画評論家らの意見は?(★4つで満点)

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
40年前の悪霊が具体的に姿を見せて「シャイニング」の恐怖を思い出させるが、ここには人間味のいきた魅力がある。酒に逃げてきた40年後のあの少年ダニー、信じることに真っすぐな少女。久しぶりに見た話の面白い映画。

■大場正明(映画評論家)
評価:★★★ なかなかGOOD!
「シャイニング」の原作と映画の世界観には大きな開きがあったが、フラナガン監督はその両方を引き継ぐ世界を構築している。だからキングらしいストーリーテリングも楽しめるし、ファンタジー的な要素も色濃く出ている。

■LiLiCo(映画コメンテーター)
評価:★★★ なかなかGOOD!
確かにシャイニングの続編であってオマージュだらけですが、このメインの物語はこれで楽しかった。前作を知っていれば当然心躍るところは増えるけど、DVDで復習する必要はない。ファーガソンがカッコ良くて惚れた!

■わたなべりんたろう(映画ライター)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
前作「シャイニング」の原作と映画の違いを踏まえての見事な映画続編。前作と違う趣なのに、ここまで映画としてうまく機能したのは「エイリアン2」以来か。監督・脚本に加えて編集までこなしたフラナガンの慧眼に感嘆。

週刊朝日  2019年12月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい