大谷亮平「ゼロが1個違って…」“逆輸入俳優”が語る韓国の芸能事情 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大谷亮平「ゼロが1個違って…」“逆輸入俳優”が語る韓国の芸能事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#林真理子
大谷亮平(おおたに・りょうへい)/1980年、大阪府生まれ。2003年、韓国のCM出演を機に韓国で芸能活動を始め、06年に俳優デビュー。日本でもドラマ「ラヴソング」(16年)から活動開始。大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」出演で注目を集める。その後、NHK連続テレビ小説「まんぷく」(18年10月~19年3月)などのドラマや映画に出演。現在、東海テレビ・フジテレビ系の土曜ドラマ「リカ」(毎週土曜、夜11時40分~)に出演中。20年には舞台「ボディガード」への出演も決まっている。 (撮影/写真部・小山幸佑)

大谷亮平(おおたに・りょうへい)/1980年、大阪府生まれ。2003年、韓国のCM出演を機に韓国で芸能活動を始め、06年に俳優デビュー。日本でもドラマ「ラヴソング」(16年)から活動開始。大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」出演で注目を集める。その後、NHK連続テレビ小説「まんぷく」(18年10月~19年3月)などのドラマや映画に出演。現在、東海テレビ・フジテレビ系の土曜ドラマ「リカ」(毎週土曜、夜11時40分~)に出演中。20年には舞台「ボディガード」への出演も決まっている。 (撮影/写真部・小山幸佑)

大谷亮平さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

大谷亮平さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

大谷:いや、たまたま釜山国際映画祭という大きな映画祭があって、僕もそこに行ってたときに、ソウルの事務所の人と、日本の今の事務所(アミューズ)の人が出会ったんです。いろいろ話してるうちに、「うちの事務所に日本人がいるんだよ」という話になって、福山(雅治)さんが主演されていたドラマ(「ラヴソング」16年)に途中から出演させていただいたんです。それが日本での1本目のドラマだったんです。

林:そうなんですか。聞いた話ですけど、韓国でのギャラ、間違って1ケタ少なく渡されてたんですって?

大谷:いや、間違ってたんじゃなくて、だまされたんです(笑)。最初のCMがよかったので、以降もけっこうCMが決まったんです。ちょっと複雑なんですけど、日本人モデルとして行ってるので、「日本でのCMのギャラぐらいの額を言っておけば納得するだろう」っていうことだったらしくて、でも、実際はその10倍ぐらいのギャラだったんです。

林:まあ!

大谷:芸能人枠のギャラをもらってるのに、日本の事務所には「日本での新人モデルのギャラ」みたいなことを言ってたんです。わりとほかの仕事もしていたのに、韓国の事務所に「ぜんぜんマイナスだよ」って言われて、おかしいなと思っていたんです。家賃とか語学学校のお金と家庭教師のレッスン代とかを事務所に出してもらってたんですけど、それにしてもマイナスはおかしいんじゃないかと思っていろいろ調べたら、ゼロが1個違ってたんです。

林:ピンハネしてたということですか。

大谷:はい、ソウルの事務所が。

林:ひどいじゃないですか。

大谷:ちょっとありえないことをするんですよね。クライアントとの契約書に偽造したハンコを押して見せたりとか。

林:まあ……。それでイヤな気分になって、日本に帰りたいなと思ったんですか。

大谷:いや、そうはならなかったですね。日本に帰ってきて何があるのかということもあったし、仕事があるからソウルにいたということでもないので、まあ楽しかったんでしょうね、あそこでの生活が。

林:合ってたんですね、性格に。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい