瀬戸内寂聴に「手紙は面白いのに小説は下手」 三島由紀夫の思い出語る (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

瀬戸内寂聴に「手紙は面白いのに小説は下手」 三島由紀夫の思い出語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

 現在事務所に猫が2匹、自宅に1匹います。僕より若いので猫のためにも死ねません。猫のために延命して、長寿する必要があります。長生きしたい人は若い猫を飼いなさい。ニャーンちゃって。

 アレッ?!

 予定の枚数を書いたと思っていたらまだ字数が残っていました。さて、さて、困った、何か話題はないかな?

 あっ、そうだ。セトウチさんは相変らず肉を食っていますか。老齢に肉はいいそうです。長寿の秘訣(ひけつ)だそうです。三島(由紀夫)さんは芸術家は週に二回はステーキを食べなさい、と言って、ステーキレストランでご馳走(ちそう)になったことがあります。三島さんは切腹することを早めに決めていて、腹筋の肉をうんと切りやすくするために、肉を食べていたんですかね。

 筋肉は歳を取ってもつくといいます。セトウチさんは週2回ストレッチをして筋肉をつけていますが、まさか切腹するためではないですよね。切腹なんて開腹手術みたいで、女の人って時々やりますよね。(ああ怖)。ナムアミダブツ。

 僕は手術の経験がないですがセトウチさんは「全身麻酔は気持ちいいわよ。ぜひ一度、全身麻酔はやるべきよ」と言われたけれど、どこも悪くないのに全身麻酔をやって下さい、と言うのも変態みたいで、嫌ですよ。

 今日はこの辺で。サイナラ。

■瀬戸内寂聴「三島さんの没後、思い出話に仰天しました」

 ヨコオさん

 三島(由紀夫)さんの話が出たので、急に三島さんがなつかしくなりました。ヨコオさんは三島さんがもうエラクなってからのおつきあいでしょうが、私はまだ三島さんが、御両親と一緒に棲(す)んでいた頃にはじめて逢いました。婚家を飛び出して、京都で放浪時代、京大病院の図書室に、一時席を得たことがありました。殆(ほと)んど、本を借りに来る人も、読みに来る人もいないので、一日中一人でのんびりしていました。閑(ひま)にまかせて、逢ったこともない三島さんにファンレターを出したら、

「ファンレターには返事を書かない性分だけれど、あんたの手紙はあんまり面白いので、つい返事を書いてしまった」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい