丸山茂樹が試合で「老い」を実感した瞬間とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹が試合で「老い」を実感した瞬間とは?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

いい表情してますねっ!(EPA=時事)

いい表情してますねっ!(EPA=時事)

 丸山茂樹氏は、夏に出場した試合で自分の体の変化に気づいたという。

【写真】いい表情してますねっ!「BMW選手権」で3位に食い込んだ松山英樹選手

*  *  *
 いやあ、あれだけ暑かったのに、少しずつ秋の気配がしてきましたね。

 僕は2試合に出てきました。岩手県オープン(8月9、10日、岩手・きたかみCC)と札幌オープン(8月17、18日、北海道・桂GC)です。どちらも予選はクリアしたので、僕の中では現状これぐらいだと思ってます。岩手が初日1アンダーで、2日目が豪雨で中止。札幌が初日1アンダー、2日目が3オーバーでした。

 今回いちばん感じたのは、ゴルフ以前に体力の問題ですね。まだ暑かったですしね。そこはものすごいトシを感じましたね。やはり集中してゴルフをやる分だけ、メンタル的な部分ですごくいっぱいエネルギーを使うじゃないですか。そうなるともう、余力がなかったというか。初日が終わった時点でクタクタです。次の日は、体は動かないわ、ラインを読む集中力はないわで。自分の中で「これは老いたな」っていうのを初めて感じました。

 それまでは気にならなかったんですけどね。やっぱり実際に試合に出て集中力を高めながらやる体力っていうのは、ほんとに難しいものがあるんだなって改めて実感しました。やっぱり持久力をつけるトレーニングをしないとダメですね。

 前は毎日のようにバイクをこいで有酸素運動やったりしてましたけど、いまはスクワットで筋力をつけることはあっても、持久力をつけるトレーニングはまったくやってないんです。だからそういうところを少しやってかないといけないなと思いましたね。

 いよいよ僕も9月12日で50歳になるんで、次はシニアツアーの試合に「デビュー」することになります。まず「コマツオープン」(9月12~14日、石川・小松CC)。それから日本シニアオープン(9月19~22日、埼玉・日高CC 東・西コース)です。この2試合には出ようと思ってます。そこまでに少しでも持久力をアップできるように頑張ります!


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい