自宅を相続した子が母を追い出し! 7・1民法改正で対策できる? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自宅を相続した子が母を追い出し! 7・1民法改正で対策できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
森田聡子週刊朝日#遺産相続
ケース1 自宅を相続した子が妻を追い出す (週刊朝日2019年7月26日号より)

ケース1 自宅を相続した子が妻を追い出す (週刊朝日2019年7月26日号より)

ケース2 良かれと思った遺言で妻が息子と断絶 (週刊朝日2019年7月26日号より)

ケース2 良かれと思った遺言で妻が息子と断絶 (週刊朝日2019年7月26日号より)

 相続について悩みを抱える人も多いだろう。生前の対応の仕方によっては、残された親族の揉め事につながりかねない。7月1日から改正された新しい相続ルールで対策しよう。ライター・森田聡子氏が取材した。

【イラストで見る】ケース2 良かれと思った遺言で妻が息子と断絶

*  *  *
■ケース1 自宅を相続した子が妻を追い出す

 東京都の女性(82)は昨年、長男(58)夫婦と一緒に暮らしていた自宅を出て、次男(53)夫婦の元に身を寄せた。

「きっかけは主人が亡くなったことです。以前から長男の嫁(55)とは相性が悪く、居住スペースは私たち夫婦が1階、長男一家が2階に分かれて食事も別々でした。それでも主人が元気なうちは波風立てずにやっていたんです」

 嫁の“姑いびり”が始まったのは、亡夫の四十九日法要を終えた後。最初はゴミの出し方が悪いといった些細なことだった。やがて社会人の孫娘(25)と一緒になって「おばあちゃんは臭う」と言い、女性を避けるようになったという。

 半年後、長男から切り出されたのは、「次男の家に行ってくれないか」という提案だった。

「嫁が長男をけしかけたに違いありません。はらわたが煮えくり返る思いでしたが、長男と次男との間で話がついていると聞き、受け入れるしかなかったんです」

 とはいえ、次男夫婦には2人の子どもがいて、住まいの賃貸マンション(3LDK)は元より手狭な状態だ。

「今、次男の嫁(53)に頼んで老人ホームを探してもらっています。もともと私の介護で子どもの手を煩わせたくはなかったので、いいところが見つかれば……」

 体が元気なのが幸いと気丈に話す女性だが、うつむきがちな顔には疲労の色が濃い。

 法律事務所アルシエンの弁護士、武内優宏さんは、多数の相続案件を扱った経験から、「子どもを全面的に信用しないほうがいい」と注意を促す。

「自宅を相続した子どもが母親を追い出して自宅を売却し、そのお金でマンションを購入して妻子と引っ越したというケースもあります」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい