長澤まさみの「今どき貴重な個性」を絶賛 ドン小西のファッションチェック 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

長澤まさみの「今どき貴重な個性」を絶賛 ドン小西のファッションチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ドン小西 (撮影/写真部・東川哲也)

ドン小西 (撮影/写真部・東川哲也)

長澤まさみ(俳優)/1987年、静岡県生まれ。2000年、12歳で「東宝シンデレラ」オーディションのグランプリに。以降、映画、ドラマ、CMなどで活躍し、映画賞も多数受賞=6月23日、ファンの多い中国・上海で開かれた「上海国際映画祭」で、主演映画「コンフィデンスマンJP」のレッドカーペットイベントに登場し、注目を集める (写真=Getty Images)

長澤まさみ(俳優)/1987年、静岡県生まれ。2000年、12歳で「東宝シンデレラ」オーディションのグランプリに。以降、映画、ドラマ、CMなどで活躍し、映画賞も多数受賞=6月23日、ファンの多い中国・上海で開かれた「上海国際映画祭」で、主演映画「コンフィデンスマンJP」のレッドカーペットイベントに登場し、注目を集める (写真=Getty Images)

 6月23日、ファンの多い中国・上海で開かれた「上海国際映画祭」で、主演映画「コンフィデンスマンJP」のレッドカーペットイベントに登場し、注目を集めた長澤まさみさん。ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックした。

【真っ赤なドレスで登場した長澤まさみさんの写真はこちら】

*  *  *
 一時はバストの形がわかるスッケスケのドレスとか、あちこちのレッドカーペットでセクシー路線をまっしぐら。ハリウッド女優ならまだしも、清純派イメージの彼女に目を細めていたお父さんたちは、腰を抜かしたもんだよ。

 そんな彼女がこの日は、家中のカーテンを引っぱがして着てきたような、真っ赤なドレスで登場だ。世のトレンドも、ピタピタからブカブカへ。この色も分量も、流行には間違いないけどさ。セクシー路線のときもそうだけど、この人の場合は、何せやりすぎなんだよね。あげくネットではマツコかよってツッコまれてたもんな。

 ただし、だ。そんな世間の目を物ともせず、本人はいつも、どんなに似合わないドレスでもどうよ!と言わんばかりに着ているのはすごい。この日のファッションもよく見ると、彼女のみなぎる自信と、フツーにセンスがいい14センチはある足元のピンヒールとが相まって、マツコからハリウッド女優に見えてくるから不思議だよ。いいんじゃないかね。今どき貴重なその個性で、これからもお父さんたちを驚かせてくださいって。

(構成/福光恵)

週刊朝日  2019年7月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい