ロケットスタートした日向坂46 乃木坂、欅坂と坂道3グループのアイドル界席巻はいつまで続く? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ロケットスタートした日向坂46 乃木坂、欅坂と坂道3グループのアイドル界席巻はいつまで続く?

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日
日向坂46のメンバー(提供=ソニー・ミュージックレコーズ)

日向坂46のメンバー(提供=ソニー・ミュージックレコーズ)

 秋元康プロデュースのアイドルグループ、日向坂46のデビュー曲「キュン」が、オリコンチャート初週売上げ47.6万枚を記録した。女性アーティストのファーストシングルとして歴代最高売り上げで、これまでの記録保持者だった、欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」の売上26.6万枚の記録を大幅に塗り替えるロケットスタートだ。

【画像】可愛すぎる! 日向坂46のメンバー

 日向坂46は、もともと欅坂46の姉妹グループ的存在の「けやき坂46」として、2015年に結成され活動を続けてきたグループ。区別のために欅坂46を「漢字欅」、けやき坂46を「ひらがなけやき」とも呼ばれてきた。

 2月に改名、念願の単独名義でのシングルをリリースした。音楽評論家の宗像明将さんは、これまでの歩みを振り返ると、新記録は当然だと語る。

「昨年、漢字欅が武道館コンサートをできなくなった時に、ひらがなが単独で代替公演を行い、成功させました。決して欅坂の2軍グループではなく、そんなアーティストパワーからも、47万枚というのは妥当な数字ではないでしょうか」

 デビューいきなりの勢いは、欅坂46と活動を共にすることも多かったことも、メリットの一つではないか。芸能評論家の三杉武さんはそう指摘する。

「日向坂も含め、いわゆる“坂道シリーズ”と呼ばれるグループの乃木坂46、欅坂46ファンからも好意的に見られていましたし、掛け持ちして応援するファンも多いようです」

 ご祝儀的に買った他の坂道ファンもいたことも、さらに数字を押し上げることにつながったのではないかということだ。

 日向坂のグループ独自の魅力を、「明るく楽しい感じ」だと三杉さんは言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい