新旧“10番”対決は中島翔哉に軍配 香川真司はオプション? サッカー日本代表コロンビア戦 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新旧“10番”対決は中島翔哉に軍配 香川真司はオプション? サッカー日本代表コロンビア戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日
森保体制で活躍している中島翔哉(c)朝日新聞社

森保体制で活躍している中島翔哉(c)朝日新聞社

香川真司(c)朝日新聞社

香川真司(c)朝日新聞社

 サッカー男子日本代表は3月22日、神奈川県の日産スタジアムでコロンビアと親善試合を行い、0対1で敗れた。前半から中島翔哉(24)を中心に攻めたが、コロンビア守備陣を崩しきれず、逆に後半、コロンビアにペナルティキックを与えてしまい、ファルカオに決められた。後半途中から香川真司(30)が出場。中島と香川の新旧“10番”が約30分ほどピッチで共闘したが、どちらもゴールを決めることはできなかった。試合後、中島は「0点で終わっているのは悔しいですし、また次は得点を取ってしっかり勝てるように頑張ります」と話した。

【写真】今後のポジションが気になる香川真司

 今回の注目は昨年のワールドカップロシア大会を含め長年10番を背負ってきた香川が、森保一監督体制になって以降、初めて選出されたこと。また、森保体制になって10番を背負って大活躍している中島も選ばれ、W杯以降、初めて新旧の10番がそろい踏み。今回は香川が背番号10、中島が背番号8となったが、どちらが日本代表の司令塔なのか、真価が問われた。

 先発した中島は、得点こそ結び付けられなかったが、キレのあるドリブルやパス、そしてミドルシュートで日本の攻撃を引っ張った。一方、香川は後半途中から出場し、中島と一緒にプレーした。久しぶりの代表でのプレーで短い時間ながら積極的なプレーを見せた。

 久しぶりに、代表で10番以外の背番号を背負った中島は、改めて気にしていないと強調した。
 
「10番について何も言われてなかったですし、自分がつけたいって言ってるわけでもないですし、全然気にしてないです。やっぱりプレーが一番大事だと思います。香川選手がずっと代表で10番をつけていたのを知っているので、(6月に参加する大会)コパ(・アメリカ)でもつけてもらいたいです。そこはそんな気にしてないですし、番号は何番でもいいとはいってます」

 中島は初めて香川と一緒に試合に出たと話し、新旧10番の共闘の可能性について、前向きだ。

「(香川は)日本人なら誰でも知っている選手なので、能力もすごく高いですし、一緒にやっていてやりやすく、頼もしく感じました」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい