渡辺謙が語る演技論「世の中の気分を背中で受け止めることが大事」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

渡辺謙が語る演技論「世の中の気分を背中で受け止めることが大事」

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村美絵週刊朝日
渡辺 謙(わたなべ けん)/1959年、新潟県生まれ。87年、NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」主演。89年、急性骨髄性白血病に倒れ、撮影中だった主演映画「天と地と」を降板。2003年の映画「ラスト サムライ」でハリウッドデビュー、アカデミー賞助演男優賞にノミネート。15年、ミュージカル「王様と私」でブロードウェーデビュー、トニー賞ミュージカル部門主演男優賞にノミネート。ミュージカル「王様と私」は7月11日(木)~8月4日(日)、東急シアターオーブ(東京・渋谷)で上演予定 [撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/筒井智美(PSYCHE)、スタイリング/馬場順子、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力=BRUNELLO CUCINELLI、Cartier]

渡辺 謙(わたなべ けん)/1959年、新潟県生まれ。87年、NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」主演。89年、急性骨髄性白血病に倒れ、撮影中だった主演映画「天と地と」を降板。2003年の映画「ラスト サムライ」でハリウッドデビュー、アカデミー賞助演男優賞にノミネート。15年、ミュージカル「王様と私」でブロードウェーデビュー、トニー賞ミュージカル部門主演男優賞にノミネート。ミュージカル「王様と私」は7月11日(木)~8月4日(日)、東急シアターオーブ(東京・渋谷)で上演予定 [撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/筒井智美(PSYCHE)、スタイリング/馬場順子、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力=BRUNELLO CUCINELLI、Cartier]

週刊朝日3月15日号の表紙を飾った渡辺謙さん

[撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/筒井智美(PSYCHE)、スタイリング/馬場順子、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力=BRUNELLO CUCINELLI、Cartier]

週刊朝日3月15日号の表紙を飾った渡辺謙さん
[撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/筒井智美(PSYCHE)、スタイリング/馬場順子、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力=BRUNELLO CUCINELLI、Cartier]

 2015年、米演劇界で最も栄誉のあるトニー賞で4部門を受賞したミュージカル「王様と私」が、この夏、日本で上演される。初演当時、渡辺謙さんは55歳でミュージカル初挑戦、しかも全編英語。なぜ、踏み出せたのか。

【写真】週刊朝日の表紙を華麗に飾った渡辺謙さん

「大切なのは、これまでやってきたことをどこまでちゃんとできるか。もちろん表現方法の違いや、言葉の問題もある。でもそれは、ギアを変えるということではなく、ちょっとしたアクセルワークやブレーキを調整するようなもの。とくに今は、できるだけ自分が心地よくいられる環境を作り、どこに行ってもそこで最大限のパフォーマンスができるようにすることに、注力しています」

 一方で、時代の変化や気分は、ビビッドに感じ取る。

「舞台は今のお客さんに見せるものですから。ラーメンと同じで、季節や環境に合わせて、ちょっとずつでも味を変えていかないとおいしいものはできない。実際に台詞や演出を変えるということではなく、世の中の気分を背中で受け止めることが大事だと思います」

 自分を規定したくないから、ここ10年くらいは、あえて目標を作らない。

「楽しいことはいっぱいありますが、一番アドレナリンが出るのは仕事」

 そう語る渡辺謙の挑戦は、おそらくまだまだ終わらない。(本誌・野村美絵)

週刊朝日  2019年3月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい