最初の結婚は人違いの“文通”が縁 蛭子能収の寂しがり屋人生

2019/01/22 07:00

 もし、あのとき、別の選択をしていたなら──。著名人に人生の岐路に立ち返ってもらう「もう一つの自分史」。今回は漫画家でタレントの蛭子能収さん。テレビの旅番組ではマイペースを貫くキャラクターが大ウケ。著書『ひとりぼっちを笑うな』は、無理して他人に合わせなくてもいいと説いてベストセラーに。そんな蛭子流の生き方の原点を探りました。

あわせて読みたい

  • 【わたしが好きな場所】ワクワクとスリルが交差する街「渋谷」 漫画家・タレント蛭子能収さん

    【わたしが好きな場所】ワクワクとスリルが交差する街「渋谷」 漫画家・タレント蛭子能収さん

    3/5

    「人は、競艇場で輝くために働く」 蛭子さんの名言が沁みる

    「人は、競艇場で輝くために働く」 蛭子さんの名言が沁みる

    BOOKSTAND

    6/28

  • 蛭子能収 主演『任侠野郎』ポスタービジュアル解禁「このエビス凶暴につきって、なんかパクリみたいでいやだなぁ」

    蛭子能収 主演『任侠野郎』ポスタービジュアル解禁「このエビス凶暴につきって、なんかパクリみたいでいやだなぁ」

    Billboard JAPAN

    4/12

    まさか蛭子さんが健康マージャン!? 20年前の“伝説の事件”の真相も暴露

    まさか蛭子さんが健康マージャン!? 20年前の“伝説の事件”の真相も暴露

    dot.

    9/20

  • 蛭子能収『任侠野郎』長編映画初主演&挿入歌担当「高倉健さんみたいな役ですが、自分でうまくできたとは思っていません」

    蛭子能収『任侠野郎』長編映画初主演&挿入歌担当「高倉健さんみたいな役ですが、自分でうまくできたとは思っていません」

    Billboard JAPAN

    1/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す