津田大介「報道抑圧に悪用された欧州のネット規制」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「報道抑圧に悪用された欧州のネット規制」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介週刊朝日#津田大介
津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

 ジャーナリストたちはこの要求を「政府による報道の弾圧」だと強く反発した。ジャーナリスト団体の「組織犯罪と汚職報道プロジェクト(OCCRP)」は、「政治家が自己保身のためにGDPRを悪用し、メディアを黙らせようとしている」との声明を発表。RISEプロジェクトも、「たとえ罰金を科されようと情報源を開示しない」と要求を拒否する姿勢を明らかにした。

 ルーマニア選出のモニカ・マコヴェイ欧州議会議員も本会議でこの件を取り上げ、「ルーマニアは報道を殺すことで民主主義を殺そうとしている」と注意を払うよう呼びかけた。

 欧州委員会もこの件について、ルーマニア政府によるGDPRの乱用だと指摘。今後の展開次第では、ルーマニア政府とEUが対立する可能性も出てきた。強力にネットを規制すると、その分表現の自由が侵食される。欧州がどのような判断を行うのか、注目したい。

週刊朝日  2018年11月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい