豊洲移転から1カ月 小池都知事VS築地市場に居座る仲卸業者 泥沼化で仮処分申し立て (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

豊洲移転から1カ月 小池都知事VS築地市場に居座る仲卸業者 泥沼化で仮処分申し立て

このエントリーをはてなブックマークに追加
桐島瞬週刊朝日
今も閉場した築地市場内で営業を続ける一部の仲卸業者たち(撮影・桐島瞬)

今も閉場した築地市場内で営業を続ける一部の仲卸業者たち(撮影・桐島瞬)

 そのため都は、入居者が移転で被った損失補填にも一切応じない構え。だが、こうした頑なな姿勢が仲卸業者から反発を買い、「自分たちには築地での営業権があるとの主張を前面に打ち出し、都と対抗するようになっている」(ルポライターの永尾俊彦氏)という。

 豊洲に移転したために廃業した水産仲卸業者は百社ほどいるといわれる。本当に補償する必要はないのか。過去の市場移転では補償を認めた判例があるというのは、築地市場移転問題に詳しい一級建築士の水谷和子氏だ。

「千葉市の中央卸売市場が移転した際に起こされた訴訟では、市の仲卸業者への補償が適法であるとの確定判決が東京高裁で出ています。その上、都は今年4月、『東京都の事業の施行に伴う損失補償基準』を作り、今回のようなケースで事業者に適切な補償することを定めたところ。きちんと対応すべきです」

 その上で、都の仲卸業者の切り捨てをこう断罪する。

「今のやり方は、憲法で保障された国民の財産権を無理やり奪い取っているに等しい。これが小池(百合子)都知事のやり方だと思うと恐ろしい限りです」

(ジャーナリスト・桐島瞬)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい