ハンバーガー、フライドチキン味のカップラーメンを食べてみると… (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ハンバーガー、フライドチキン味のカップラーメンを食べてみると…

このエントリーをはてなブックマークに追加
緒方麦週刊朝日

「MARUCHAN QTTA ハンバーガー味」(東洋水産提供)

「MARUCHAN QTTA ハンバーガー味」(東洋水産提供)

「MARUCHAN QTTA フライドチキン味」(東洋水産提供)

「MARUCHAN QTTA フライドチキン味」(東洋水産提供)

ハンバーガー味を実食。チーズ風味の濃厚スープが圧巻だった(撮影/大塚淳史)

ハンバーガー味を実食。チーズ風味の濃厚スープが圧巻だった(撮影/大塚淳史)

「マルちゃん正麺」や「麺づくり」でおなじみの東洋水産から、新たなカップ麺が誕生した。ダウンタウンの松本人志が出演するCMで知名度が上がってきている「MARUCHAN QTTA(クッタ)」。超スナック系フレーバーとして新たに登場したのが、ハンバーガー味とフライドチキン味だ。味をまったく想像ができない……。さっそくコンビニに走った。

【写真】記者実食! おそるおそる食べてみると…

 10月に発売されたMARUCHAN QTTAシリーズの新商品は、ハンバーガー味とフライドチキン味。カップ麺とファストフードという、健康に気を遣う人には敬遠されそうな組み合わせなのだが、この奇抜な味を開発した狙いを、東洋水産CSR広報部に聞いてみた。

「インパクトがありながら、誰もが知っているであろう味にすることで、より多くの人に知ってもらい、興味をもってもらうことを狙いとしています」

 このシリーズは若者向けで、コンセプトは「しっかりとした食べ応えがあり、食べた後に『はぁ~、くった~』とホッと一息ついて、前向きな気持ちになってもらえるようなカップ麺」だ。

 超スナック系フレーバーとして1月に発売した第1弾は、スナック菓子の定番の味ともいえるバーベキューチキン味とサワークリームオニオン味。5月発売の第2弾は、香辛料を利かせたやみつきになる味わいのスパイシーコンソメ味とメキシカンタコス味だった。

 そして今回、ハンバーガー味とフライドチキン味が登場。物は試しと、しょっぱいもの好きの記者はコンビニへと走った。

 ラーメンといえば、しょうゆやみそといった定番しか選ばないのだが……。まずはハンバーガー味だ。

 ふたを開封したとたんに、濃厚なチーズの香りが漂ってきた。さすがは超スナック系。罪深そうな味を予感させる。お湯を注いで3分。いよいよご対面である。完成したスープの香りは”押し寄せる”勢いとなって、むしろ鼻孔をくすぐった。

 ハンバーガー味は酸味とチーズを利かせ、焼いた肉の香ばしさとマヨネーズの風味を加え、ハンバーガーのイメージに仕上げたという。

 おそるおそる、ラードをまとった平たい麺をすくい上げ、ズズズッと一気にすすった。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい