「体がフワフワ浮いてるような…」丸山茂樹が久々の試合に反省 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「体がフワフワ浮いてるような…」丸山茂樹が久々の試合に反省

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

やっぱり試合は楽しい!(「レジェンドチャリティプロアマ大会事務局」提供)

やっぱり試合は楽しい!(「レジェンドチャリティプロアマ大会事務局」提供)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」に参加した心境や今後の目標などを語った。

【写真】久々の試合を楽しむ丸山茂樹
*  *  *

 いやあ、久々の試合に出てきましたよ。第10回を迎えた「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」(5月5~6日、千葉・麻倉GC)です。前回の出場が2016年9月の「ANAオープン」でしたから、約1年半ぶりでしたね。

 実はその3日前、この連載の特別版で脳科学者の中野信子さんと対談したんです。その模様は来週号で掲載予定ですので、楽しみに待ってくださいね。そのときに試合に向けて脳科学的なアドバイスをもらったんですけど、結局、初日は体がフワフワ浮いてるような感じで。2日目はちょっと落ち着いてきたんですけど、集中力が持たなかったっていうか。そんな感じで2日間が終わっちゃいました。73、77の6オーバーで、「プロの部」28人中26位でした。

 とにかくブランクを実感したのが、技術うんぬんより集中力が持たないってことですね。頭がどんどん、どんどん疲れてきて、雑になっちゃう。「もういいや」みたいな感じで。訓練していかないと厳しいですね。これが通常の予選、決勝ラウンドの4日間だったら、相当しんどかったと思います。集中力の出し方をよみがえらせないと。ゴルフはトータルバランスだってのを改めて感じました。ほんとに難しいです。

 スタートホールで名前を呼ばれてギャラリーのみなさんに拍手してもらうのもうれしいんですけど、舞い上がっちゃいましたね。それでも楽しかったですよ。苦しんでる自分もね。体のどっかにプロゴルファーとしての魂みたいなものは残ってんだなというのは、間違いなく感じましたね。

 いまの目標は50歳になる来年の9月以降、アメリカのシニアツアーにあたる「チャンピオンズツアー」に出ることです。でも、まったく通用しないようなゴルフしかできなかったら断念します。その決断をする時期まで、どういう努力をしていけるかが大事と思ってますね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい