AI(人工知能)を活用した内視鏡検査でがん発見率98%に!

がん

2018/05/19 07:00

 大腸がんは早期発見できれば根治できるがんだが、がんができる場所によっては検査で見つけにくいこともある。見逃しがないよう、AI(人工知能)を活用して診断精度を高めようという動きが医療現場で活発になっている。

あわせて読みたい

  • 大腸がんの治療方針は、浸潤、深さ、遠隔転移の有無がポイント

    大腸がんの治療方針は、浸潤、深さ、遠隔転移の有無がポイント

    週刊朝日

    9/2

    【大腸がん内視鏡治療】患者はどう治療法を選べばいい? 追加手術の可能性は? 専門医が解説

    【大腸がん内視鏡治療】患者はどう治療法を選べばいい? 追加手術の可能性は? 専門医が解説

    dot.

    3/15

  • 「大腸内視鏡手術は医療事故の温床」と世界的権威が語る

    「大腸内視鏡手術は医療事故の温床」と世界的権威が語る

    週刊朝日

    8/12

    最も患者数多いがん「大腸がん」 早期発見のカギとなる症状は…

    最も患者数多いがん「大腸がん」 早期発見のカギとなる症状は…

    AERA

    3/8

  • 「鉄人」衣笠祥雄さんを襲った大腸がん 機器の進化で「約10分」で終わる最新の検査も

    「鉄人」衣笠祥雄さんを襲った大腸がん 機器の進化で「約10分」で終わる最新の検査も

    週刊朝日

    4/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す