平昌五輪の影の主役は松岡修造? 「“言葉力”がすご過ぎ」と注目 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

平昌五輪の影の主役は松岡修造? 「“言葉力”がすご過ぎ」と注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月24日のオリンピック壮行会で会場を熱くした松岡修造(撮影/大塚淳史)

1月24日のオリンピック壮行会で会場を熱くした松岡修造(撮影/大塚淳史)

1月24日のオリンピック壮行会で会場を熱くした松岡修造。後ろはフリーキャスターの平井理央(右)とタレントの小島瑠璃子(撮影/大塚淳史)

1月24日のオリンピック壮行会で会場を熱くした松岡修造。後ろはフリーキャスターの平井理央(右)とタレントの小島瑠璃子(撮影/大塚淳史)

 元プロテニス選手の松岡修造の「“言葉力”がすごすぎる」と話題になっている。

【写真】美女2人を圧倒!? 全身でガッツポーズする松岡修造

 1月24日に東京都・大田区総合体育館で開かれた、平昌オリンピック日本選手団の壮行会イベントで、松岡はフリーキャスターの平井理央、タレントの小島瑠璃子と共に登場した。会場には都内の小学生、長野県の小学生など約5千人が、オリンピック選手たちの勇姿を見に集まった。

 イベント冒頭から松岡節が全開だった。選手が入場する前、松岡ら3人が会場に登場したのだが、その瞬間の声援と熱気が足りないと感じるや、松岡は「ちょっ!ちょっ!待って!今日はすごい重要な日なんだよ!『頑張れ!』と言ったら『ニッポン!』と(会場の)皆が言わなければ始まらないんだよ!もう一度やり直す」と会場入り口に走って戻り、わざわざ登場し直すというまさの展開。ただ、今度は会場中から「ニッポン!」という元気な声を引き出した。

 さらにこんなシーンがあった。イベントが押していたこともあり、選手たちへのエールの練習をする時間が、当初の20分からわずか6分に短縮された。

 そんな状況の中、松岡は多くの小学生たちを相手に、振り付けと「冬を!燃やせ!頑張れ!ニッポン!」という掛け声を覚えさせる必要があった。しかし、そこでも松岡はすごかった。子供達にもわかりやすく、短い言葉で説明し「思ったより皆できる!」「素晴らしい!」「皆にとってのオリンピック本番と思ってやって!」「皆だったら(練習)1回できるぞ!」と力強く声をかけ続け、最後には会場内が一体となって見事に揃っていた。その間わずか6分。その後の本番では、会場が一体となって、現れた選手たちに盛大なエールを送った。

 約5千人を短時間でまとめた、松岡の言葉力。本能のなせる業なのか、計算づくなのか。

 松岡修造の言葉に着目した日めくりカレンダー「(日めくり)まいにち、修造!」などを発売してるPHP研究所の制作担当者は、松岡の言葉力についてこう話す。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい