平昌五輪特集

AERA dot.

古川雄輝、中国で絶大な人気 世界で活躍できるハイスペック・イケメン

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

古川雄輝(ふるかわ・ゆうき)/1987年、東京都生まれ。2010年、“キャンパスター★H50 Withメンズノンノ”で審査員特別賞受賞。主演ドラマ「僕だけがいない街」(Netflix)が配信中。主演映画「風の色」が1月26日に全国公開予定。ほかの公開待機作に「曇天に笑う」(3月21日公開)、「となりの怪物くん」(4月27日公開)がある。(撮影/写真部・東川哲也)

古川雄輝(ふるかわ・ゆうき)/1987年、東京都生まれ。2010年、“キャンパスター★H50 Withメンズノンノ”で審査員特別賞受賞。主演ドラマ「僕だけがいない街」(Netflix)が配信中。主演映画「風の色」が1月26日に全国公開予定。ほかの公開待機作に「曇天に笑う」(3月21日公開)、「となりの怪物くん」(4月27日公開)がある。(撮影/写真部・東川哲也)

豊かな才能と表現力で私たちを魅了する俳優・アーティスト。2018年はこの人たちに注目していれば、間違いナシ!

*  *  *

 端正な顔立ちに180センチの長身、ネイティブレベルの英語力で慶応大理工学部出身というスペックの持ち主。主演ドラマ「イタズラなKiss」(2013年)が中国で大ヒットしたことから、海外での人気も高い。

 12月18日に30歳の誕生日を迎えたこともあり、18年の目標は「カッコイイ大人になる」こと。カッコイイ大人とは?

「サラッとお洒落なレストランに入れるようになりたいですね。今は庶民的なところしか行かないし、節約のために基本は自炊なので」

 仕事面では、毎年少しでもステップアップすることを目標にしている。演技でも成長を実感することが増えてきた。

「『重要参考人探偵』では7年前のドラマと同じ監督、プロデューサーさんとご一緒したんです。当時は自分とはかけ離れた役に対してどうアプローチしていいのかわからなかったけど、今回はそれがある程度できたという感触があった。引き出しが増えたのかなと思います。1月公開の映画『風の色』は15年に撮影しているので、今だったらまた違う芝居ができるかもしれません」

 最後に色紙に目標を書いてもらうと、「この字が大人じゃないな(笑)」と少年のような笑顔。大人の魅力も加わり、さらに多くのファンを魅了することでしょう!

週刊朝日 2018年1月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   ドラマ をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加