他の元号と全く異なる「平成」が残した重要な問題とは?

皇室

2018/01/03 07:00

 天皇陛下が2019(平成31)年4月末に退位する。私たちが生きてきた「平成」という時代は何だったのか。週刊朝日 新春合併号では、政治や経済、事件・事故や芸能、スポーツまで、その分野を代表する識者に「平成30年史」を語ってもらった。その中から、ノンフィクション作家の保阪正康氏の寄稿文を紹介する。「平成」が提起した問題とは?

あわせて読みたい

  • GHQを驚嘆させた今上天皇の若き日々 マッカーサーの元儀仗兵が回顧

    GHQを驚嘆させた今上天皇の若き日々 マッカーサーの元儀仗兵が回顧

    週刊朝日

    4/19

    「令和皇室」と「女帝論」 御厨貴×石川健治が徹底討論

    「令和皇室」と「女帝論」 御厨貴×石川健治が徹底討論

    週刊朝日

    10/28

  • 退位論と「戦争責任」 意図的に排除された「昭和天皇実録」

    退位論と「戦争責任」 意図的に排除された「昭和天皇実録」

    週刊朝日

    10/13

    検証・天皇の「お言葉」と敗戦の「玉音放送」 こんなに似ている

    検証・天皇の「お言葉」と敗戦の「玉音放送」 こんなに似ている

    AERA

    9/7

  • 五輪強行で日本人が経験する「国体」の2度目の死  政治学者・白井聡

    五輪強行で日本人が経験する「国体」の2度目の死  政治学者・白井聡

    週刊朝日

    7/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す