春風亭一之輔「あれ以来、猫が怖い」幼少期のトラウマとは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春風亭一之輔「あれ以来、猫が怖い」幼少期のトラウマとは?

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#ねこ#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

いつか本当の猫とも仲良くなれるか…?(※写真はイメージ)

いつか本当の猫とも仲良くなれるか…?(※写真はイメージ)

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は、「猫」。

*  *  *
 子供のときから、どうも猫とは相性が悪い。思い起こせば自業自得なんだが、物心ついた頃の出会いがよくなかった。

 保育園の年長のある日のこと。私は塀をつたって歩いてたノラ猫めがけて、下から小石を投げて遊んでた。いじめる意図はない。ハタから見ればそうとしか見えないかもしれないけど、「やることないし誰か遊んでくれないかなー」と、ちっちゃい小石で、私的には戯れていたつもりだ。

「ニャー(汗)」と塀の端まで追い詰められた猫は、突然くるっと振り返ると、全身の毛を逆立て「ヴゥーッ!!!」とこちらを威嚇してきた。

「テメエ、ヤッテヤルゾ」

 血走った目が明らかにそう言っている。

 私は生命の危険を感じたが、不思議なもんで「あひ……」と言ったまま、魔法をかけられたように足がすくんで動けなくなった。次の瞬間、猫が頭上から大の字になって飛んできた。4本の足を目一杯ピーンっと張って、殺気を帯びた眼。

「わくわく動物ランド」で観たばかりのムササビの飛翔シーンのようなスローモーション。そして顔の前でストップモーション。一瞬目が合ったかと思うと、あのとき確かに「シャキーン!!」と音がしたはず。猫は両手の爪で、私ののど笛をX字に切り裂いた。血まみれの保育園児を尻目に悠々と走り去る猫。生物として、あちらのほうがはるかに上をいっていたのは間違いない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい