レーシックを超えた! 近視矯正手術「スマイル」とは (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

レーシックを超えた! 近視矯正手術「スマイル」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
山内リカ週刊朝日#病気
近年注目される視力矯正手術とは?(※写真はイメージ)

近年注目される視力矯正手術とは?(※写真はイメージ)

スマイルの本体。感染予防のため陰圧をかけ、レーザーに最適な環境を作るために室温24度前後、湿度20%前後を維持

スマイルの本体。感染予防のため陰圧をかけ、レーザーに最適な環境を作るために室温24度前後、湿度20%前後を維持

レーザー近視矯正手術「スマイル」を行う中村医師(名古屋アイクリニック提供)

レーザー近視矯正手術「スマイル」を行う中村医師(名古屋アイクリニック提供)

 6年前に、日本でいち早くスマイルを導入した北里大学病院(相模原市)眼科の神谷和孝医師(医療衛生学部教授)は、この治療について次のように説明する。

「角膜を大きく切らないため、術後の痛みやゴロゴロした違和感が出にくい。また、涙の量を調整する神経のダメージが少ないので、レーシックでは多かれ少なかれ生じていたドライアイの合併症を起こしにくい」

 さらに、レーシックでは何年か経つと近視に戻ることがあるが、スマイルではリバウンドはなく、安定した視力を保てるという。

 ただ、レーシックは術後すぐに視力が上がるのに対し、スマイルは1週間~10日ほどかけて、ゆっくりと視力が上がる。このことを知らないで受けると、すぐによく見えないため、不安を覚えるようだ。

「いずれにしても、スマイルはレーシックのようなデメリットが少ない。今はレーザー近視矯正手術を希望される患者さんのほとんど全員に、こちらを勧めています」(神谷医師)

 レーシックとスマイル、両方の治療を行う名古屋アイクリニック(熱田区)院長の中村友昭医師は、「例えるなら、レーシックは開腹手術。スマイルは内視鏡手術で侵襲は少ない」という。

 同クリニックでは両方の治療を説明した上で受けたいほうを選んでもらっているが、スマイルを選ぶ人は年々増え、今ではその比率は4対1ぐらいでレーシックより多いという。

「レーシックは怖いけど、近視矯正治療は受けたいという方がスマイルを選ぶ傾向があります」(中村医師)

 日帰り手術で、施術時間は片眼5~10分。目の麻酔が切れるまでは安静にし、その後は自宅に戻れる(運転は不可)。自費診療で費用の相場は両眼で30万~50万円。レーシックより若干高めの設定が多い。

「スマイルは近視だけでなく、乱視の矯正も可能です。しかし、強度近視(屈折力マイナス6ジオプター超、およそ0.05以下の視力)には向きません。適応はレーシックのガイドラインに準じていて、18歳以上。当クリニックでは20歳以上です。年齢の上限はありませんが、老視が始まる前の、40代ぐらいまでに受けたほうがいいと思います」(同)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい