世界選抜で戦った実の息子に丸山茂樹が驚いた! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

世界選抜で戦った実の息子に丸山茂樹が驚いた!

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している。

息子の晴れ舞台を丸山氏がリポート(※写真はイメージ)

息子の晴れ舞台を丸山氏がリポート(※写真はイメージ)

 世界選抜メンバーとして「第1回ジュニア・プレジデンツカップ」に出場したゴルファー丸山茂樹氏の息子・奨王(ショーン・17)選手。その晴れ舞台を丸山氏がリポートする。

*  *  *
 アメリカに行ってきました。カリフォルニアで暮らしてる息子の奨王が「第1回ジュニア・プレジデンツカップ」(9月25、26日、ニュージャージー州エジソンのプレーンフィールドCC)に世界選抜(ヨーロッパを除く)12人の一員として出場しました。本家のプレジデンツカップと同じで、米国選抜との対抗戦なんです。

 息子は初日のダブルスマッチ2試合(フォアボール、フォアサム)は連敗しちゃったんですけど、最終日のシングルマッチは勝ちました。米国選抜のターナー・ホッシュを相手に、前半で4メートルぐらいのバーディーパットを2回決めたりして、5&3の圧勝でした。

 チームでは負けてしまったので悔しがってましたけど、いやもう、すばらしい経験になりましたよ。試合自体もそうですけど、イベントとしても強烈な晴れ舞台ですからね。これジュニアなの?って感じですから。派手なんです。みんなおそろいのスーツ着て、ネクタイ締めてパーティーに出て、セレモニーやって。たいしたもんです。

 世界選抜にはオーストラリアや南アフリカ、インドネシア、インド、タイ、中国の子がいましたから、世界中に友だちができたんじゃないですか? ほんとにすばらしい大会に参加させてもらって感謝です。締め切りの関係で、松山英樹(25)の参加したプレジデンツカップについては来週号でお伝えしますね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい