新妻聖子が「ブランチリポーターをやっても歌手にはなれない」と言われた過去 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新妻聖子が「ブランチリポーターをやっても歌手にはなれない」と言われた過去

週刊朝日
新妻聖子(にいづま・せいこ)/1980年、愛知県生まれ。上智大学法学部卒。在学中の2002年、「王様のブランチ」でリポーターをつとめ、03年には舞台「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役を射止める。以降、「ミス・サイゴン」キム役など、ミュージカル界の歌姫として活躍。第31回菊田一夫演劇賞、第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞。現在は、ANA機内オーディオ「Hot Hits Selection」ナビゲーターや、東京新聞コラム「風向計」連載中。また、歌番組やドラマ、バラエティーでも存在感を発揮。9月8日~11月15日、全国ツアーを開催。(撮影/写真部・大野洋介)

新妻聖子(にいづま・せいこ)/1980年、愛知県生まれ。上智大学法学部卒。在学中の2002年、「王様のブランチ」でリポーターをつとめ、03年には舞台「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役を射止める。以降、「ミス・サイゴン」キム役など、ミュージカル界の歌姫として活躍。第31回菊田一夫演劇賞、第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞。現在は、ANA機内オーディオ「Hot Hits Selection」ナビゲーターや、東京新聞コラム「風向計」連載中。また、歌番組やドラマ、バラエティーでも存在感を発揮。9月8日~11月15日、全国ツアーを開催。(撮影/写真部・大野洋介)

林:すごい……。

新妻:ただ、「ブランチリポーター」が最終目標の歌手にベクトルとしてつながらなければ、それは私が夢見ている方角と違う。すがっても振り向いてくれないものにすがり続けても仕方ない。だから期限を定めて、大学卒業までの1年半のあいだに歌手につながらないなら、すっぱりやめて次の生きるべき場所を探そうと思っていたんです。そしたら「レ・ミゼラブル」の話が来たんですよ。

林:神様がいたんだ。

新妻:あのときいちばん好きな歌に無理やりフタをして、少しでも見栄えのいいほうに舵を切っていたら、どこかで心が折れていたと思います。

林:テレ朝のアナウンサー試験にも受かってたんでしょう?

新妻:いや、最終のカメラテストで落ちました。ただ夢はアナウンサーではなかったので、マスコミがダメだったら国連などの社会活動とか、興味がある仕事はあったんです。でも、21歳の私を一つほめてあげるとしたら、「よくあのときに自分が生涯をかけていちばん好きと言えるものを見抜けたね」と言ってあげたい。

林:今の話は本にして若い人に読ませたいですよ。就職浪人したぐらいでいじけちゃってる子に。それはインターナショナルスクールの教育のおかげかもしれないですね。

新妻:小6から自分で選ぶ訓練をさせられたから決断できたと思います。それも含めて両親に感謝ですね。

林:お父さま、お母さまが素晴らしかったんですね。

新妻:放任です。好き勝手やらせてもらいました。

林:発声といった歌の基礎的なことはどこで習ったんですか。

新妻:私、感覚なんです。カラオケで歌っていたときはのどを締めつけるような歌い方でしたが、ミュージカルと出会って、ハンドマイクから解放されたことは大きい気がします。

林:ミュージカルではピンマイクを使ってるんですか。

新妻:ピンマイクを頭に仕込んでいます。口の前にマイクがないから、放つ空間が無限大なんですよね。それが合ってたんだと思うんです。私にとって、どのジャンルでもいちばん結果につながるのはのびのびできてるとき。何かがパーンと舞台上で解き放たれた瞬間、のどにつっかえていたものとか、いろんな不具合がスコーンと取れちゃったんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい