金正恩“爆殺”狙う「斬首作戦」の全貌とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

金正恩“爆殺”狙う「斬首作戦」の全貌とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#北朝鮮

国防科学院を視察する金正恩氏=朝鮮通信

国防科学院を視察する金正恩氏=朝鮮通信

 北朝鮮が日本へ向けてまた、ミサイルを撃った。政府は8月29日午前5時58分頃、北朝鮮の西岸から北東に向けてミサイル1発が発射され、6時6分頃に北海道の上空を通過、6時12分に襟裳岬の東方約1180キロの太平洋上に落下したと発表した。

 グアム沖へミサイルが発射される可能性はいぜん残されており、アメリカがそれに報復した場合、全面戦争に突入する恐れもある。そうなった場合、真っ先に軍事境界線周辺の非武装地帯付近に配備された北朝鮮の無数の長距離砲が、いっせいにソウルへ向け火を噴くことになる。

「現地に展開する在韓米軍の第2歩兵師団が即座に報復の対象になります。さらにソウル市街が射程の範囲内ですから、まさにソウルが火の海と化してしまいます」(軍事評論家の前田哲男氏)

 一方、アメリカは今年4月、原子力空母カールビンソンを北朝鮮に向けて派遣したタイミングで、アフガニスタン東部のIS(イスラム国)の拠点を大規模爆風爆弾で攻撃した。

 韓国在住のジャーナリスト、裴淵弘氏が解説する。

「『全爆弾の母』と呼ばれる超強力爆弾を落としたのですが、北に対するデモンストレーションだったともいわれています。北が非武装地帯付近に配備した長距離砲発射のための地下壕に対し、この爆弾を何発も落として壊滅できるという脅しの意味もあったのです」

 さらに韓国側が有事に備えて遂行するのが、北朝鮮の最高指導部を“除去”する「金正恩斬首作戦」だ。

 北朝鮮の現体制崩壊を目標として、米韓合同軍事演習で実施されている「作戦計画5015」に、斬首作戦は含まれているという。

 裴氏が続ける。

「斬首作戦は、北の戦争指導部全体を殲滅するために3段階に分けられた総攻撃です。第1段階は、北にミサイル発射の兆候が見られたら30分以内に先制攻撃を仕掛ける『キル・チェーン』という攻撃構想です。第2段階はミサイル迎撃体制の完備で、第3段階がまさに斬首作戦になります」

 その名が示すように正恩氏暗殺計画だが、アルカイーダの指導者だったウサマ・ビンラディン暗殺時のように特殊部隊を派遣するわけではない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい