AERA dot. 5th anniversary

膣を若返らせる?? 「アラ還」女性の性リトライがスゴイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズを聴きながらのシニアの婚活パーティー

ジャズを聴きながらのシニアの婚活パーティー

 もう閉経したから、もう還暦を超えたから、と女性がセックスと縁を切る時代は終わったようだ。夫と再び愛を深める、あるいは新しいパートナーと愛を深めるため、年齢による体の変化を乗り越える施術にトライする人が増えているのだ。

「あっ、痛い痛い痛い~!!」。竹下もとこさん(仮名・51歳)は思わず声をあげてしまった。実に10年ぶりの、夫とのセックス。25歳、27歳で長男、次男を出産したあと、30~40代は夫とセックスをすることはほとんどなかった。

「私のまわりのママ友たちはみんなそんな感じですよ。30~40代は子育てに追われ、親の介護に追われ、で夜はクタクタ。クタクタにもかかわらず、夫から何時に駅に着くとメールが入れば車で迎えに行って、食事を出して。そんな毎日でしたから、夫のほうもベッドに入ってから体を求めてくることもありませんでしたし、私も疲れていてめんどうくさいから、別にいいかなあと思っていたんですけれど」

 子供たちも巣立ち、夫と2人で過ごす時間が増えてきた。新婚のときとは違う、穏やかな愛情を互いに感じる日々。そこで夫からの要望に応えようとしたのだが、

「何事が起きたのかと思うくらい痛くて、夫の性器を私の性器に入れることができなかったんです。よく出産の痛みを『スイカを鼻の穴から出すくらい痛い』とか言うじゃないですか。その逆です。私の性器にむりやりスイカを入れるくらいの痛みだったわ」

 青山祥子さん(仮名・62歳)は、友人の紹介で知り合った68歳の男性とつきあっている。青山さんの悩みも実は、男性とのセックスのときに強烈な痛みを感じることだ。

「私、52のときに閉経しました。閉経したらもう性欲なんてなくなるってよく言うけれど、私は全然そんなことなくて。60代になってからもそう。還暦過ぎてもセックスを求めるなんて、私、おかしいのかしらと悩みました。でも彼ができて、彼は私を求めてくれるから、セックスに応じていたんだけれど、やっぱり痛くて」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

   セックス をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加